債務整理・任意整理の横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所 借金の無料相談 無料メール相談
TOP 事務所概要 アクセス
債務・任意整理 借金でお悩みの方
弁護士費用 御依頼の方
離婚 離婚問題でお悩みの方
離婚の方法
財産分与とは
慰謝料とは
養育費とは
親権とは
面接交渉権とは
離婚後の子の氏
離婚Q&A
交通事故 交通事故でお悩みの方
相続 相続でお悩みの方
土曜・日曜の法律相談のご案内
無料メール相談
弁護士費用分割払い可能
完済済みの方の過払い金の返還
法律お役立ちリンク
弁護士ブログ
<法律相談項目>
■債務整理相談
債務整理
任意整理
自己破産
個人再生
過払金の返還
弁護士費用

■離婚問題・相談
離婚離婚の方法
財産分与
慰謝料
養育費
親権
面接交渉権
離婚後の子の氏

■交通事故問題・相談
交通事故について
交通事故の責任
交通事故の保険制度

■相続問題・相談
相続人とは
法定相続分とは
代襲相続とは
遺留分とは
単純・限定承認、相続放棄
相続欠格・相続排除

■対応エリア
神奈川県全域及び東京、埼玉、千葉、山梨
慰謝料とは
 離婚の際に発生する慰謝料とは一方配偶者が、離婚原因を作った有責配偶者に対して、その被った精神的苦痛を慰謝するために要求する損害賠償です。これについては誤解が多く、離婚の際、妻は夫に必ず慰謝料を請求できると思っている方がいますが、あくまでも、有責配偶者に対してしか慰謝料は請求できません。逆に言えば、有責配偶者が妻であれば、夫が妻に離婚の際に慰謝料請求できる場合もあるわけです。
   

 証拠の確保
 慰謝料の場合、財産分与と異なり、有責配偶者は慰謝料の原因となる有責事由を否定することが多いので、証拠の確保が重要になります(もちろん、財産分与においても、財産隠しなどがあり、解約された預金の残高証明をとるなどの証拠の確保は必要です)。そこで、例えば、有責事由が不貞行為であれば、配偶者と不倫相手の手紙・メールの保存・ホテルに入るところの写真、暴力であれば診断書・写真などを確保することが大切になります。
 参考までに慰謝料の相場は100〜300万円といったところでしょうか。これもケースバイケースなので、これ以下、これ以上という事例も十分あり得ますが。
 なお、配偶者の不倫相手の慰謝料については離婚Q&A12参照。

 慰藉料と税金の関係離婚Q&A11参照
 慰謝料の額、支払い方法の決め方
 当事者である夫婦の話し合いがまとまらなければ、裁判所(140万円以下なら簡易裁判所、それ以上なら地方裁判所)に提訴することになります。離婚訴訟を家庭裁判所で提訴した場合には、慰謝料の請求も合わせてできます

| TOP | アクセス | 事務所概要 | リンク | ブログ | 無料メール相談フォーム | 債務・任意整理 | 交通事故相談 | 相続相談 |
Copyright (C) SIA All Rights Reserved.