債務整理・任意整理の横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所 借金の無料相談 無料メール相談
TOP 事務所概要 アクセス
債務・任意整理 借金でお悩みの方
弁護士費用 御依頼の方
離婚 離婚問題でお悩みの方
交通事故 交通事故でお悩みの方
相続 相続でお悩みの方
相続の流れ
相続人とは
法定相続分とは
代襲相続とは
遺留分とは
単純・限定承認、相続放棄
相続欠格・相続排除
土曜・日曜の法律相談のご案内
無料メール相談
弁護士費用分割払い可能
完済済みの方の過払い金の返還
法律お役立ちリンク
弁護士ブログ
<法律相談項目>
■債務整理相談
債務整理
任意整理
自己破産
個人再生
過払金の返還
弁護士費用

■離婚問題・相談
離婚離婚の方法
財産分与
慰謝料
養育費
親権
面接交渉権
離婚後の子の氏

■交通事故問題・相談
交通事故について
交通事故の責任
交通事故の保険制度

■相続問題・相談
相続人とは
法定相続分とは
代襲相続とは
遺留分とは
単純・限定承認、相続放棄
相続欠格・相続排除

■対応エリア
神奈川県全域及び東京、埼玉、千葉、山梨
遺留分とは
 遺留分とは、相続人に保証されている最低限の取り分です。被相続人が死ぬ前に、相続人となるべき者のうちの一人にだけ自分の財産を相続させるという遺言を残していた場合でも、その遺言は有効です。その場合に財産を相続できなかった相続人は、遺留分を主張して、自己の取り分を引き渡すように請求できます。
 遺留分を有する相続人

配偶者
子などの直系卑属
親などの直系尊属


のみです。兄弟姉妹に遺留分はありません。したがって、例えば、相続人となるべきものが配偶者と被相続人の兄の場合、被相続人が生前に配偶者にのみ財産を遺すという遺言を残していれば、兄は一切財産をもらえないことになります。
とになります。
 遺留分の割合

 親などの直系尊属のみが相続人の場合は、本来の相続分の1/3

 その他の場合は、本来の相続分の1/2

 となります。
 遺留分を取り戻すには遺留分減殺請求をします。

 遺留分減殺請求は理論上でも口頭で出来ますが、配達証明付き内容証明郵便ですべきです。減殺請求をしても相手が応じない場合、調停、審判という流れになりますので、減殺請求をしたことを証拠として残す必要があるからです。

 遺留分減殺請求は、相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから、1年以内に行使しないと、時効で消滅します。また、上記の場合以外でも、相続の開始から10年が経過した場合にも減殺請求を行使できなくなります。そのため、その期間に減殺請求を行使したという証拠が重要になるのです
| TOP | アクセス | 事務所概要 | リンク | ブログ | 無料メール相談フォーム | 債務・任意整理 | 離婚相談 | 交通事故相談 |
Copyright (C) SIA All Rights Reserved.