債務整理で自己破産以外|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

債務整理は自己破産以外にどのようなものがあるの?

横浜でOLをしている者ですが、社会人になってから作ったクレジットカードがあまりにも便利で、きちんと計画を立てないまま使用していると、クレジットの返済ができなくなって、そのためにキャッシング機能を利用すると、借金がどんどん膨らんでしまいました。
今では3つのカードの借金の合計が数百万円単位になってしまい、親にも頼ることができなくて自己破産をするしかないと思い親友に相談すると、詳しいことは良く分からないけれども自己破産以外にも債務整理の方法があるから、すぐに弁護士に相談に行った方がいいと言われました。
債務整理には自己破産以外にどのようなものがあるのか教えてください。

回答

任意整理と個人再生などの方法があります

借金問題を解決する債務整理の方法には、自己破産以外にも「任意整理」「個人再生」などの方法があります。
債務整理の中で、最も簡易な手続きになるのが任意整理です。
自己破産や個人整理の場合は、裁判所を通す必要がありますが、任意整理の場合はクレジットカード会社などの借入先と直接交渉することで、月々の返済の負担や利息などを軽減させることができる手続きです。
任意整理は自分自身でも行うことはできますが、弁護士などの専門家に依頼した方が手続きがスムーズにいく可能性が高まり、家族や会社などにも知られることなく手続きをすることが可能です。
任意整理をした後で5年程度はクレジットカードを使用できなくなり、新たな借り入れも難しくなりますが、毎月の返済額を大幅に削減できるかなり大きなメリットがあります。
個人再生は、裁判所に申し立てを行わなければいけませんが、任意整理とは違って債務を概ね5分の1程度に減らすことができます。
債務を大幅に圧縮できるのが最大のメリットで、同じく債務整理後はしばらく新たな借り入れやクレジットカードは使用できなくなりますが、自己破産のように家などの財産を残すことができるのもメリットであり大きな特徴となっています。
自己破産の場合は、手続中に一定の仕事に就けなくなる制限がありますが、任意整理と個人再生にはそのような資格制限はありません。
自己破産を選択すると、債務をすべてなくせる大きなメリットがありますが、その分精神面も含めたデメリットも大きいので、借金の額も考慮した上で、弁護士などの専門家にも相談してベストな方法を選択してください。

PageTop

横浜SIA法律事務所