借金のことで自己破産するべきか|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

借金のことで自己破産すべきか悩んでいます

私には3歳年下の弟がいます。弟は現在アルコール依存症で横浜の実家で親の監視下で暮していますが、若い頃に散々好き勝手なことをして家族に多大な迷惑をかけてきました。ギャンブル好きで消費者金融に借金を重ねながらお金をつぎ込み、付き合った女性に良い恰好をしたくて高価なものをプレゼントしたり、贅沢な旅行をしたり、全て借金によるものでした。定職についていなかったので返済できるはずもなく、親や私にどれだけお金を貸してくれと泣きついたかしれません。両親が老後のために貯金していたお金のほとんどが弟の借金返済に使われてしまいました。私は保証人になってしまったことから借金返済を問われる立場になってしまい、交際していた彼との結婚も破談になりました。どんなに憎んでも恨んでも家族の関係は変わりませんし、放り出すことが出来ず、毎月返済をしています。それでもこんな暮らしに限界が来ていて、もう自己破産した方が楽なのではないかと思うようになりました。このような状況でどこへ相談するのがよいでしょうか。教えてください。

回答

横浜で債務整理の相談ならこちらの法律事務所へ

借金をお持ちの方の状況は様々です。返済しても負債が増え続ける状況にある方や、返済が難しい状況の方などご自身でどうしてよいか分からない窮地にあるケースは珍しくありません。借金の問題は他人に話しづらいものです。お金の借用を迫られたらどうしようと危険を感じ、遠ざかっていく人もいるでしょう。人間関係を大きく変えるのがお金の恐ろしさです。家族間であっても離散となるケースがありますから他人は尚更であり、それを恐れて相談出来ず、借金の悩みを抱え込んでしまうことになります。
借金の問題については弁護士に相談するのが一番です。「借金があるのに、弁護士費用なんて払えない」という声が聞こえてきそうですが、それは弁護士も理解しています。
着手金0円で分割払いによる債務整理が可能な法律事務所が横浜にあります。初回相談料は無料ですので、費用面が心配な方はそこで確認が出来ますし、もちろんのことながら断ることも可能です。
借金の状態に応じて生活の再建を行う手続きを債務整理と言います。最初の借入からの期間や残返済額、収入などの状況から最善な債務整理の提案を受けます。自己破産は借金がゼロになる一方、いくつものデメリットがあります。どの方法がご相談者様に適しているのか、専門家の意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

PageTop

横浜SIA法律事務所