過払い金の返還請求について|

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

過払い金の返還請求について教えてください。

過払い金という言葉自体は良く耳にしていましたが、そもそも商売をしているために借入のほとんどは銀行からで、それでは補えない部分を消費者金融などで賄っていたため、もしも過払い金が実際に存在していても、今の状況に大きな影響を与えることにならないと思っていたし、借金の額からしてこのまま商売を続けていくよりも、自己破産をして人生一からやり直した方がいいと考えていました。
正直な気持ちを顧問税理士さんに相談してみると、自己破産は債務整理の中でも最終手段であって、確かにそれを選択すれば借金はなくなるけれども、他の方法を選べば経営状態からしてもまだ事業を継続できる可能性もあるし、過払い金の返還請求をすれば、数百万円ものお金が戻ってきて、それで再建できる可能性もあり、実際に他の顧客さんで私のように自己破産を覚悟した後で多額の過払い金が戻ってきて、今は借金も完済して商売も上手くいっていると聞いて、まずは専門家に相談して過払い金の有無を調べてもらおうと思って問い合わせさせていただきました。
その前に、自己破産以外にどのような方法があるのかと?過払い金の返還請求とはどのようなものか分かりやすく教えていただけないでしょうか?

回答

利用者に返還するように義務付けられた正当な権利です

債務整理には主に、自己破産、民事再生、任意整理という3つの方法があります。
民事再生を選択すれば、税理士先生が指摘されたように、借金の額を大幅に減らして、商売を続けられる可能性も残されています。
過払い金の返還請求をすることでも、商売を継続できることにつながりますので、まずは過払い金の有無を調べさせてください。
過払い金とは、過去に消費者金融などの貸金業者が、グレーゾーンと呼ばれる出資法利息で消費者に貸し付けていた利息分の返還を受けられるもので、最高裁の判決によって利用者に返還するように義務付けられた正当な権利です。
消費者金融以外にも、信販会社、クレジット会社などから長年お金を借りている人なら、過払い金返還が受けられる可能性があり、自分が思っている以上のお金が戻ってくることもありますので、早めにその有無を調べることをおすすめします。
過払い金は返済後10年で時効と迎えますので、すでに完済している場合は、手遅れにならないように迅速な対応を取るようにしましょう。

PageTop

横浜SIA法律事務所