過払い金返還の遡り期間|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

過払い金返還はどのくらい前まで遡ってできますか?

私は大学の頃から現在まで20年近くもカードの支払い残高がゼロになったことがありません。理由は色々ですが、仕事が安定しない事が一番の原因で元々はわずかな借入から始まったのに、雪だるま式に増えて、カードの支払いをするために他のカードでキャッシングを行うのを繰り返してきました。ずっと派遣で仕事をしてきましたが、単発でバイトもしながら返済に回すようにしていて、すごく忙しいのに全くお金が貯まらず、カードの返済のために働いているような人生です。ある日、間違えて1万円を10万円と打ち込んでしまい10万円をキャッシングしたことがあるのですが、それが色んな歯車を狂わせました。家賃を払ったり振込しなくてはいけなかった電気代やガス代、携帯料金をまとめて支払うとほとんどなくなってしまいました。10万円の支払いをリボルビング払いにして、別のカードも月の支払いを少しでも減らすように調整して、そんな繰り返しです。私は闇金業者からは借りたことがないのですがキャッシングでも過払い返還が出来ると聞いたので気になっています。20年近くもずっと返済しているのでかなり過払い金が返ってくるのではないかと期待していますがどこまで遡れますか?相談は弁護士さんになりますか?弁護士費用が払えると思えないのですが、その場合はどうすればよいですか?

回答

横浜に借金問題に強い弁護士事務所があるので問い合わせてみましょう

過払い返還請求は過去に支払った違法な利息を取り戻す手続きの事です。過払い金が発生するのは消費者金融からの借入れだけでなく、クレジットカードのキャッシング利用でも発生している場合があります。キャッシングにおけるの過払い金返還請求では返済期間が長期化するリボ払いほど利息の支払い額が増えるため、請求にて返還される金額も大きくなる可能性があります。
過払い金を取り戻せるのは2010年以前から借りている場合になり、2010年の法改正以降の分は対象外となります。2010年以前の借入であっても消滅時効が成立している場合は過払い金請求が出来ません。過払い金は最終取引日から10年で時効になります。完済している場合は完済した日であり、現在も返済中であれば最後に取引した日になります。クレジットカードは時効の判断が難しく、年会費の支払いだけでも取引が継続されているとみなされ過払い金請求が出来る可能性もあります。仮に過払い金が発生していてもショッピング枠残高があれば返済に充てられることも覚えておきましょう。さらには、過払い返還請求をするとそのクレジットカードは使用できなくなるなど、メリット、デメリットが色々あるため、借金問題に詳しい弁護士に相談するのが賢明です。
過払い金の弁護士費用は過払い請求のみであれば基本費用は0円にて、返還された過払い額の中からパーセンテージで請求されることが多いです。無料相談を設けている法律事務所へ質問してみてはいかがでしょうか。

PageTop

横浜SIA法律事務所