過払い返還があるか調べるには|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

過払い返還があるかはどのように調べられますか?

20年くらい前に初めてキャッシングローンからお金を貸付けしました。他にもクレジットカードを複数所有してお金をやりくりしていました。
誰でも簡単にカード申請が通り、利用限度額も何故か上がっていったため、自分のお金ではないのに、自由に使えるお金が増えたような気持ちで限度額いっぱいまで利用していました。
そうなったのはアイドルの追っかけを始めたことがきっかけでした。自分が好きだったアイドルのコンサートは地方も周り、空港や駅、ホテル、番組収録の出待ちはもちろん、グッズもかなり購入しました。CDが発売されると1人で100枚以上購入し販売枚数が上がるように協力するなど、明らかにオタクとして熱狂していました。そのせいで普通の仕事は出来ず、アルバイトを掛け持ちしましたが全く足りず、借金までするほどになったのです。今もオタク活動は続けていますが、ささやかに応援する程度で出費は最小限、派遣の仕事をしています。
当時の借金は数年前に完済していますが、過払い金を請求したと言う同僚の話しを聞いてから、自分にも該当しないかと気になっています。可能なら今からでも取り返したいと思いますが、調べる方法はありますか?

回答

条件を満たしているか、まずは確認しましょう

過払い金が発生するのは2010年6月18日、”出資法”と言う法律が改正され、利息制限法が出来る前に借入していた人に可能性があります。よってこの期日以降に借入したものは対象になりません。また、銀行や信用金庫からの借入、法定金利内で営業していた貸金業者からの借入、最終取引から10年が経過している場合は過払い金が発生しないので要注意です。過払い金には10年という時効があるため、時効になると過払い返還の請求は出来ません。
過払い金の計算に参考になる目安表はネットで簡単に見つけることが出来ます。ご自身の借入額と取引期間によっておおまかな過払い金額が把握できるため参考になるでしょう。さらに、過払い金専用の計算ツールが無料でダウンロード出来る、利息計算ソフトがあります。計算するためには借入時期の取引履歴を貸金業者から取寄せなくてはいけません。各貸金業者により請求から到着までの時間が違い、2か月程度かかる場合もあります。
ご自身で計算するのが難しい、より正確な金額が知りたい方は司法書士へ依頼するのがお勧めです。貸金業者への取引履歴請求も代行してくれますし、ご依頼者様の手間や精神的苦痛が避けられます。
横浜に過払い返還に長けた法律事務所があり、報酬は過払い金を取り戻した場合に、その中から手数料として支払えるためメリットが高いです。ご相談されてはいかがでしょうか。

PageTop

横浜SIA法律事務所