任意整理を弁護士に依頼する利点|

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

任意整理を弁護士に依頼する利点とは?

横浜で長年商売をしていて、経営難に陥って銀行から借入れができなくなった場合に備えて、クレジットカードや消費者金融のカードローンを長年かけて申請して複数枚所有していました。
一応実績を作っておいた方が借入できる金額もアップすると思い、極力買い物は複数のクレジットカードで使い分けて、消費者金融から借入をすることには最初抵抗がありましたが、少額の借入をして、きちんと返済もしていました。
すると期待していた通りに、複数のカードの借入限度額がアップして、もちろん本格的に利用していませんでしたが、今からかなり前になりますが、立て続けに取引先が倒産したり、経営が傾いてうちもキャッシュフローが上手く回らなくなって、銀行からも追加融資を受けることはできましたが、銀行だと審査に時間がかかるので、融資がおりるまでにどちらかといえば金利が低かった消費者金融のカードローンからかなりの金額を借りて、しばらくはそれでお金を回してきました。
その後一時はカードの分は完済しましたが、数年前から時代遅れの商売が上手くいかなくなって、再び複数のカードからキャッシングするようになって、限界を感じて思い切って廃業して他の仕事をしようと決意しました。
もう借入の必要もないので、全てをリセットするために任意整理をしようと考えているのですが、任意整理を弁護士に依頼する利点について教えてください。

回答

返済を含めて有利に働く可能性がアップします

全てをリセットするなら自己破産という方法もありますが、その場合は家も含めたほとんどの財産を失うことになります。
しかし、任意整理の場合は、借入先と話し合いをして、今後の返済計画が決まり、その通りにきちんと返済を続けていけば、借金を完済できる可能性が高くなり、財産を奪われることもありません。
借金をしていて、返済が滞っている状態が続けば、貸金業者などからの厳しい取り立ては、今どきはほとんどないにしても、返済の手紙や電話は大きなストレスになりますが、弁護士などの専門家に依頼すれば、督促はすぐにストップして、面倒な手続きを自分で行う必要も、そのためのプレッシャーからも解放されます。
任意整理の手続きは自分で行うことも可能ですが、素人が何とかしようとしても上手くいかない可能性の方が圧倒的に高くて、プロに任せることで時間も手間もかからず、今後の返済についても有利になる確率が高くなります。

PageTop

横浜SIA法律事務所