自分で引き直し計算|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜で任意整理を頼む前に自分で引き直し計算することは可能ですか?

私は借金に苦しんでいる生活を送っていて、このままではまずいと考えたため、いろいろと調べてみて借金問題を解決する方法を求めました。
その結果、過払い金が発生していれば借金返済を楽にできると知ったため、実際に引き直し計算をしてみて、過払い金の有無を確認したいと思っています。
これから横浜の法律事務所で任意整理の依頼をするまえに自分自身で引き直し計算をしてみることができるのか教えてください。

回答

自分ですることは可能ですが専門家に依頼したほうが確実です

過払い金の有無を確認するための引き直し計算については専門家に依頼するのが面倒という人がいるかもしれません。
私達は借金問題について専門的な解決を図ることができる事務所であり、これまでに多くの人を救ってきた実績があります。
先日も私達のところに相談された人がいて、そちらの人は過払い金について自分で引き直し計算をしたいけれどもどうすればいいのかということでした。
そこで、引き直し計算をするためには、取引履歴を取り寄せる必要があり、これは業者の窓口で請求したり、電話やメールなどで取り寄せたりすることで得られると説明しました。
そして、実際に引き直し計算をするためには専門のソフトが存在していて、そちらを用いればすぐに計算が可能であると言いました。
ただし、取引履歴を自分で取り寄せる際には使用目的を聞かれることがあり、そこで過払い金請求を目的としていると伝えると、過払い返還ができなくなるデメリットがあることを伝えました。
また、正しく引き直し計算をするのは専門家であっても難しいことであり、正確に計算したいのであれば素人が行うよりも専門家にしっかりと依頼した方が良いことも説明しました。
万が一、計算が間違えていて実際よりも多くの過払い金を請求してしまうと断られる可能性があり、これではせっかくお金を取り戻せるとわかったのに、お金の返還を受けなくなってしまうのです。
このような説明をしたところ、私達に引き直し計算から任意整理まですべて任せたいという話になったため、快く引き受けました。
その後は、実際に業者と交渉を進めて和解をすることに成功して過払い金を取り戻すことができたため、報告をするととても喜ばれていました。
このように過払い金の確認をするために引き直し計算は自分自身ですることは不可能ではないのですが、いろいろとデメリットが存在しているため、専門家に任せた方がよいでしょう。

PageTop

横浜SIA法律事務所