任意整理に対応した法律事務所|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜で任意整理に対応した法律事務所を探しています

昨年末に不渡りを出しそうになったことから、サラ金で資金調達してしまいました。
会社の信用問題に関わるものだったので、どうしてもお金の準備が必要だったのですが、今考えると、無理をしすぎたかなと考えています。なぜなら、その時の借金が雪だるま式に膨らんでしまい、にっちもさっちも行かなくなってしまったからです。
借金返済のために借金しているような状況で、なんのためのお金なのか分からなくなってしまいました。
こういった際はどこに相談したらいいのでしょうか。アドバイスをお願いします。

回答

まずは司法書士事務所に連絡を取りましょう

借金問題で首が回らなくなったら、まず頼るべきは司法書士です。
司法書士は債務整理を専門的に行う権限が与えられています。そして、債務整理とは借金の整理のことです。複数の機関から借りすぎてしまったお金を整理し、無理のない範囲で支払っていくことを主眼にしています。
任意整理はそういった債務整理の1つの手法です。任意整理では、まず将来の利息のカットを目指し、司法書士が債権者と交渉します。そのうえで現行法と今までに払ってきた利息を比較し、過払い金があれば、その分を借金の元本から差し引きます。加えて、今後3年から5年で返済できるようプランを練り直します。こうすることで実生活に影響を及ぼさずに、債務の健全な返済を目指します。もちろん借金の取り立てや督促なども止まります。
債務者のデメリットとしては、個人信用情報に任意整理の事実が記載されることでしょう。俗に言う「ブラックリストに載る」状態です。これを受けて、任意整理後5年間はクレジットカードの利用とローンの契約は結べなくなります。
任意整理は、他の債務整理のやり方と比べると劇的に借金が減るわけではありません。しかし、生活への影響を極力抑えて返済負担を減らすにはこちらの方法はおすすめです。裁判所を通さないので手続きはスムーズに進み、交渉事は司法書士を通すので、直接交渉のストレスからは開放されます。また司法書士という第3者の目を通した借金の再計算となるので、より妥当な金額への修正も可能です。
いろいろ悩める段階であれば、まだ次に進めます。早めの対策を打つことで、将来のダメージを少なくすることができます。まずはお近くの司法書士事務所で、返済問題についてご相談ください。

PageTop

横浜SIA法律事務所