任意整理について詳しく話の聞ける相談所|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜で任意整理について詳しく話の聞ける相談所を探しています。

少額から始めた借金がいつのまにか膨らんでしまい、返済の目処が立たなくなってしまいました。まだ自己破産する程ではないと思うのですが、このままだと借金返済のための借金を重ねてしまいそうで不安です。
友人に相談したところ、こういったケースなら任意整理がいいのではないかとアドバイスを受けました。任意整理については初めて聞いたので知識がありません。詳しく教えてもらい、改めて相談したいのですが、どういった方とコンタクトを取って話をしたらいいのでしょうか。

回答

任意整理は裁判所を通さない債務整理方法です。弁護士にご相談ください。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、任意整理もそのうちの一つです。裁判所を通さずに債権者と直接交渉し、返済プランの再構築を行います。双方で和解し、債務者の返済手続きを楽にするシステムです。
一般的には将来の利息の減免や遅延損害金の減免を目標に据えて、話し合いをもちます。注意しなければならないのが、任意整理は返済プランの再構築がメインであり、ある程度生活に余力がないと達成できないことです。
任意整理では、現在ある債務残高を最長5年かけて完済するプランを目指します。すなわち、月々の家計収支のプラスが、総返済額の60分の1を上回ってる必要があります。そのため、定職についている必要があり、無職の場合は適用されません。
任意整理の流れは以下です。まず相談者と弁護士とで話し合いを持ちます。その直後、債権者に受任通知を送付し、取り立てをストップさせます。並行して債権調査を行い、総返済額を調べます。債権者に取引履歴の開示を請求し、出された取引の明細を検討するのです。その上で、返済可能な現実的なプランを引き直し、債権者と和解交渉を開始します。
和解契約が成立した後、和解契約書が交付されます。こちらに記載された年月日から、また返済が再開されます。
裁判所による強制力がないため、債務の圧縮は困難ですが、ブラックリストに名前は載りませんし、官報にも記載されません。連帯保証人に債務が流れることもなく、債務者は差し押さえ等の影響もなく、今まで通りの生活を送ることが可能です。
生活に余力がある場合には、まずこの任意整理の検討をおすすめします。債務整理には他にも種類があるので、まずはお近くの法律事務所にご相談ください。

PageTop

横浜SIA法律事務所