借金の返済額を減額する方法|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

借金の返済額を減額する方法はありますか?

結婚する前からクレジットカードの返済額が毎月10万円くらいあり、旦那に内緒にしたまま結婚しました。周りの友達はトレンドに敏感な人が多く、ファッションやコスメ、ネイルや髪型など、こだわっているのが普通な中、自分も遅れたくなくて収入以上の出費を重ねていました。付き合っていた彼氏は都内の大きな会社のサラリーマンなので収入がいいものと思っていましたし、正直当てにしていました。元々派遣の販売職だったので結婚を機にいったん仕事はやめることにして旦那の給料からカード支払いの返済をするつもりでした。ところが、家庭のお金は彼が仕切ると言い、私には生活費として渡す形でやりくりする自由がありません。3枚のカードの返済額残は250万ほどあるのですが、それを言ったら別れると言われるんじゃないかと思って言えません。また派遣に登録しようと思いますが、無理なく払える方法や減額出来る方法などはないでしょうか。
都合のいい話ですが、旦那にバレず返済できる方法を探したいので教えて下さい。

回答

着手金ゼロで債務整理の相談が出来ます

借金の返済を何年か続けても借金があまり減っているように感じず、借金が毎月どのくらい減っているのかも把握できていないことが多いものです。そして、借金が合計でどのくらいあり、毎月いくら返済しているのかも分からなくなり、借金がいつ完済できるのか見えなくなっていくものです。
借金を完済するためには、現状を把握し、利息も含めた完済計画を立てなくてはいけません。毎月の収入から返済可能額を算出し、完済までにどのくらいの期間がかかるか自覚しなくてはいけないのです。無理なく生活を送りながら完済していくためにはご家族の協力も必要になるでしょう。毎月の返済額が少ない場合は返済期間を長く設定せざるを得ませんが、借金の返済は3年程度で出来る計画にするのが望ましいものです。完済までの期間が長くなるほど利息がかさみ、トータルの返済額は高額になるからです。
3年、5年で返済が難しい場合は専門家に債務整理の相談をするようお勧めいたします。
債務整理には任意整理、個人再生、そして自己破産という手続きがあります。裁判所に申し立てず、弁護士が債務者と業者の間に入り、元金のみを3~4年で返済する手続きは任意整理です。過払い金があるかも検証してくれます。
横浜に着手金ゼロでこの債務整理の相談が出来る法律事務所がありますので、まずはご相談されてはいかがでしょうか。

PageTop

横浜SIA法律事務所