個人再生を受けるべきかの判断|

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜の法律事務所ならば個人再生を受けるべきかどうか判断してくれますか?

私はつい借金をするのが癖のようになってしまい、気がつけば借金がかなりの金額に達していて、このままでは生活していくことがままならない状況になり、とても焦っています。
そこで、横浜の法律事務所に相談したいと考えているのですが、その際には個人再生と自己破産という選択肢があることを知り、どちらの手続きのほうが自分に適しているのか分からずに悩んでいます。
これから事務所に相談をする際には自分に向いている手続きを提案してもらうことができるのか教えてください。

回答

状況を確かめてそれぞれに合った方法を提案することができます

借金を減額するための手続きはたくさんあるのですが、それらのうちどれが自分に合っているのか分からないという人は多いでしょう。
私たちは借金で悩んでいる人からの相談を受けつけていて、それぞれの人に対してどういう方法が最適なのかを提案しています。
先日も問い合わせがあって、そちらの方は借金問題を解決するために破産と個人再生のどちらの方法を選ぶべきか悩んでいるとのことだったため、まずはそれぞれの手続きについて詳細な情報を提供しました。
自己破産というのは返すべき借金をすべて0にする手続きのことであり、個人再生とは借金を3年で返していける金額に圧縮する手続きである点が大きな違いとなっていて、これだけだと個人再生のほうが良い選択のような気がしてしまいます。
しかし、実際に破産してしまうと一部の職業は仕事をすることができなくなってしまい、住宅も失ってしまうというデメリットがあるため、無理なく借金を返済できるあてがあるならば、個人再生のほうがよいケースも存在するのです。
こちらの方に関しては司法書士の仕事をしていて、マイホームも失いたくないということだったため、個人再生の手続きをすることをおすすめしたところ、納得してもらいました。
そこで、本格的に私たちの事務所に依頼をすることになり、担当するスタッフは個人再生の手続を進めていき、その際には住宅ローン特別条項付きの個人再生を選択したため、最終的には住宅を守ることに成功して、相談者の方は安心していました。
借金問題の手続きは専門的な知識が関わってきて、どういう選択をするのが正解なのかは素人にはなかなか判断することが難しい領域となるため、悩んだときには気軽に法律事務所に相談して、専門家の意見を聞いてみることが大切でしょう。
そうすれば、有効な解決策を提案してもらうことができて、手続きの代行も依頼できます。

PageTop

横浜SIA法律事務所