サラリーマンで個人再生|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜で交通事故問題に強い弁護士を探しています

先日、自動車運転中に交通事故に遭いました。
赤信号で止まっていたところに後続車が追突してきた、いわゆる100ゼロ事故で、こちらには非がありません。
しかし、お互いに任意保険に加入していなかったため、保険会社の担当もいない状態で、交渉が難航しています。
事故当時、相手は警察への連絡を渋っていたのですが、逃げられては困ると思い、通報して現場検証しました。
こちらが完全停止していたという事実は記録に残っています。
自賠責保険に加入しているので、てっきり代理店が間に入ってくれると思っていたのですが、「自賠責にはそういうサービスはつかない」と言われてしまい、相手に連絡を取ってもらうこともできませんでした。
相手はお金がないのか、車の修理費用はもちろん、ケガに関しても最低限の金額しか払う気がないようです。
車体は後部がかなり大きく破損しているし、事故車に乗り続けたくないです。
全損扱いで交換してもらいたいと思っていますが、相手は「修理費用しか払う義務はない」と言ってきます。
修理工場にも相談したのですが、相手の支払い義務がどこまであるかの判断はできないようです。
自分はぶつかったときの衝撃でむち打ちの症状があり、現在も通院中です。
仕事を休んで通院したり、勤務中にも具合が悪くなって早退してしまったり、支障が出ています。このままだと後遺症が残ってしまいそうでとても落ち込んでいます。
相手からはお見舞いどころか「まだ治らないんですか」と聞かれるような状態です。
相手の誠意の感じられない対応に付き合うのも精神的に疲れてしまって、もう弁護士を入れてなんとかしたいです。
慰謝料も請求したい気持ちですが、自分では慰謝料の相場などもわかりません。弁護士費用も心配です。

回答

交通事故問題は当事務所にご相談ください

交通事故に遭った場合、誰にいくら賠償請求できるのかといった法律問題に直面する方は多くいらっしゃいます。
強制保険である自賠責保険では、物損に関しては補償がありませんので、車体の修理については過失のあるお相手本人に請求していくことになります。
また、ケガの部分についても自賠責保険では必要最低限の金額しか補償されません。
ご自身で交渉しただけでは、本来相手に請求できるはずの金額より、かなり少ない額しか回収できない場合もあります。
当事務所では交通事故問題も多く解決しておりますので、費用面も含め、ますはご相談ください。

PageTop

横浜SIA法律事務所