交通事故問題で謝罪|

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

交通事故問題で謝罪するのは不正解なの?

横浜の大学在学中に運転免許を取得して、それから15年以上無事故無違反を続けてきて、免許もゴールドで優良講習を受ける度に、今後も気をつけて運転していこうと誓ってきました。
もちろん頻繁に運転しているので、運転中にドキッとすることも良くあるし、これまで縁石に乗り上げて車の下を擦ったり、自分の家の駐車場で軽く車を壁にあててしまったこともありますが、人様の迷惑になる事故を起こしたことはありませんでした。
しかし、先日はじめて接触事故を起こしてしまって、自分の方が悪い自覚があるので、被害者の方に謝りに行きたいのですが、数日して電話を掛けても連絡が取れない状態です。
もちろん警察をすぐに呼んで事故処理はして、事故の相手ともその場では話して連絡先の交換もしたのですが、その後後遺症などがないかなどが心配なこともあって、直接会って状況を確認して、誠心誠意謝罪をしたいと思っています。
しかし、妻や会社の者に相談すると、交通事故問題で下手に謝らない方がいいという意見が多く、どうすればいいか困っているのですが、このような場合は謝罪しないのが正解なのでしょうか?
謝罪が必要な場合は、その際の注意点などがあれば教えてください。

回答

謝罪の方法に正解はありませんができるだけ早めの行動を

交通事故問題で、どちらが悪いか明確でない場合は、謝罪をしない方が良い場合もあります。
謝罪をした方がいいのは、100%自分が悪いことが明白なケースで、特に人身事故を起こして刑事責任をできるだけ軽くしたい場合は、被害者と示談を成立させることがかなり重要になります。
いずれにも過失がある可能性がある場合は、謝罪をすることで、自分の過失を認めてしまうことになり、被害者にも一方的に相手が悪いと勘違いさせてしまう恐れもあります。
今回の場合は、どのような状況かはっきり分かりませんので、自分が100%悪いと仮定して謝罪の仕方を説明します。
連絡が取れないということは、面会を拒否されている可能性があり、その場合は連絡が遅かったなどのなんらかの理由がある場合がほとんどです。
基本的には、交通事故を起こした翌日には謝罪の気持ちを伝えるべきで、いかに早く行動に出るかがポイントになります。
電話で連絡が取れない場合は、直接謝罪に行く手もありますが、謝罪の方法に正解は存在しませんので、連絡が取れない場合は、間に弁護士などを入れて対応してもらうのも良い方法です。

PageTop

横浜SIA法律事務所