交通事故問題で弁護士を雇うべき基準とは?|

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

交通事故問題で弁護士を雇うべき基準とは?

先日横浜に住んでいる弟から、交通事故を起こしてしまったとパニックになって電話がかかってきて、とっさに弁護士事務所に相談して事故の相手と交渉してもらうように伝えました。
その時は私も突然ことで動揺していて、後で真っ先に保険会社に相談すればいいことに気づいて弟に連絡すると、結局私に言われた通りに、弁護士事務所に相談したら、自分の保険を使わなくてもよくなって、さらに予想外の結果になったと喜んでいました。
とりあえず弟には怪我がなくて一安心ですが、事故の後は全部弁護士先生が弟の代わりに事故の相手と交渉してくれて、車の修理代に加えて多額な慰謝料も請求してもらえたということでした。
きっと弁護士を利用したのだから、多額な費用がかかったと思ってそのことについても尋ねてみると、確かに相当額の着手金が必要な場合もあるけれども、弟が依頼した弁護士事務所では着手金が無料で、成功報酬で対応してもらえたとのことでした。
私も車は頻繁に運転するので、それなら事故を起こした場合は、真っ先に弁護士事務所に相談すればいいと思うのですが、やはり事故の大きさなどの状況によっては対応してもらえないこともあるのでしょうか?
交通事故問題で弁護士を雇う基準があれば教えてください。

回答

まずは無料相談からはじめましょう

交通事故問題で弁護士を雇う場合の判断基準は、弁護士費用に対して、弁護士を雇ったことで増額する示談金などが上回るかどうかです。
もちろん、金額に関することは良く分からない方がほとんどですので、弁護士に依頼する前に状況を説明して、依頼すべきかどうかをアドバイスしてもらいましょう。
交通事故の示談金などは、事故で遭った被害が大きいほど高額になり、弁護士が増額できる額もそれに比例します。
もしも相手に事故の非があって、長く入院や通院が必要になったり、事故が原因で後遺症が残る可能性がある場合は、早めに弁護士事務所に相談に行くことをおすすめします。
弁護士へ相談する場合は、短時間で高額な費用がかかりますが、交通事故問題に関しては、多くの弁護士事務所が最初から無料で相談に応じているケースが多くなっています。
それだけ弁護士事務所でも交通事故問題を取り扱いたいと思っているということなので、できるだけ交通事故問題を得意としている事務所を選ぶことをおすすめします。

PageTop

横浜SIA法律事務所