交通事故問題はどに依頼しても一緒か|

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

交通事故問題はどの弁護士に依頼しても一緒?

運転免許は学生時代に取得していましたが、これまでは横浜にいて電車でどこにもでも行けるので特に車を持つ必要性はなく、結婚する前はデートで格好をつけるためにレンタカーを利用することはありましたが、ほとんどペーパードライバーでした。
しかし、今度地方へ転勤になることになり、下見と住む家を探すために転勤先の営業所へ挨拶に行くと、そこでは車の運転がマストであることを伝えられて、ちゃんと運転できるか今から心配しています。
転勤するので連日送別会と称して飲み歩いているのですが、前に今度私が転勤になる営業所で働いていた同期から、当時転勤早々に事故に遭って大変な想いをしたと聞かされました。
最初は保険会社に任せていたそうですが、交渉が上手くいかなくて、途中で弁護士事務所を入れたら満足いく結果になったから、交通事故問題が起きたら真っ先に弁護士事務所に相談するようにアドバイスを受けましたが、弁護士ならどこに頼んでも同じなのでしょうか?

回答

必ず交通事故に精通して弁護士に依頼しましょう

交通事故に巻き込まれた際には、加害者の保険会社と示談交渉をしても、自分の思い通りにいかないことも多く、不利な条件で言いくるめられてしまうこともあります。
自分が悪くてもそうでなくても、交通事故を起こしたことだけでも精神的に大きなストレスになるのに、自分で事故後の交渉をすることは仕事にも大きな影響を与えてしまうので、示談交渉を含む法律の専門家である弁護士に交渉を任せることをおすすめします。
その場合は、必ず交通事故問題に強い弁護士でなければいけません。
交通事故問題に強い弁護士は、日頃から積極的に交通事故のトラブルに取り組んでいて、それに関する法律に精通しています。
交通事故に関するあらゆる訴訟の判決についても、常に情報をアップデートしていて、依頼者に有利になるような交渉をしてもらえます。
もちろんどの弁護士でも交通事故問題に取り組むことは可能ですが、日頃から交通事故問題を扱っていない場合は、示談交渉にも慣れていなくて、トラブルの解決法についての知識も乏しいため、示談金の金額にも大きく影響してしまいます。
特に相手側に交通事故に精通した弁護士がついた場合は、圧倒的に不利になることは容易に理解できるでしょう。
交通事故解決の実績は、各弁護士事務所のホームページを見れば簡単に判断がつきますし、講演歴やメディアの出演歴などを見て判断することもできます。

PageTop

横浜SIA法律事務所