交通事故問題でやっておくべきこと|

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜の事務所に相談するまえに交通事故問題でやっておくべきことは何ですか?

私は今度車の免許を取ることになり、最終的にはマイカーを買って自動車の運転を始めようと思っているのですが、そうなると交通事故に巻きこまれてしまう可能性が出てくると思い、今から不安になっています。
もし、交通事故にあってしまったならば、横浜の法律事務所に相談したいと思っているのですが、交通事故問題を相談するまえにやっておいたほうがいいことがあれば知っておきたいと思うため、何かあれば教えてください。

回答

相手方の情報を確認して、目撃者がいないか探しておくことが大切です

交通事故はいつどんなときに起きるのか分からないため、万が一の際にどういう行動を取るべきなのか知っておくことは大切です。
私たちは法律事務所として交通事故問題にも対応していて、これまでに多くの案件を取り扱ってきた実績があります。
先日も交通事故に関する相談があって、そちらの方はたった今交通事故にあったところで、何をすればいいのか分からないため、早急にアドバイスして欲しいとのことでした。
そこで、まずは相手方の情報を確認することが大切であると伝えて、相手の氏名や生年月日、住所、連絡先、さらには車のナンバーまで確認しておいて、すぐに警察に連絡するべきだと伝えました。
さらに相手方が事実とは異なることを言い出す可能性があるため、目撃者がいないのか確認しておき、その人の氏名や連絡先まで控えておくことがベストです。
こういった対処をしておくことで、後は警察のほうでしっかりと捜査を進めてくれて、相手方がたとえ言い訳をしたとしても、警察の捜査や目撃者の証言によって事実を判明させてもらうことができるため、安心できます。
また、自分が加入してる保険会社に交通事故の件について報告することも大切であり、報告が遅れてしまうと交通事故による損害を補償されなくなってしまうため注意しましょうとアドバイスしたところ、相談者はとても安心されて、こちらの教えた通りに行動すると約束してくれました。
このように交通事故の被害にあったときには、取るべき行動がいくつかあるのですが、これらの行動を取ったとしても解決しきれない問題が残ることがあり、そんなときには、法律の専門家に相談して解決を依頼することが大切です。
交通事故問題を専門的に取り扱っている法律事務所であれば、安心して相談することができ、問題をうまく解決するための提案をして、実際に動いてくれるため、気軽に問い合わせてみましょう。

PageTop

横浜SIA法律事務所