交通事故の相談|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

交通事故の相談はどこへすればよいですか?

私の母は60代後半ですが車の運転もしますし、健康な人です。ある日、横浜にあるヨガ教室へ車で出かけ、帰りに買い物をして帰宅するといういつもの予定をこなしていました。遠方へ運転したこともなく、これまで事故を起こしたことも巻き込まれたこともないため、運転に対する心配は本人も家族も全くありませんでした。その日、買い物をして帰宅しようとした時に、スーパーの駐車場内で別の車と接触事故を起こしたのです。車は少し破損し、母も軽傷を負いました。相手の方は母と同じくらいの年齢の男性で、一瞬の判断ミスだったそうです。幸い大事には至りませんでしたが、相手の方が警察に連絡するのを嫌がられ、泣きながら謝られたため、気の毒になり了承したと言うのです。相手の連絡先を聞いていますし車の修理代や母に治療が必要であれば実費で支払うとのことです。奥さんの介護をされており、車がどうしても必要なので警察に連絡することで免停になるのではと思われたようです。確かに事情は理解できますがこのままでよいのでしょうか。交通事故に関する相談はどこにすればよいか分からないため教えて下さい。

回答

交通事故問題を取り扱う法律事務所へ相談しましょう

交通事故に遭った場合、相手の連絡先や車のナンバーを確認し警察に連絡しなくてはいけません。目撃者がいれば警察が到着するまで待っていてもらえないか相談することで第三者の見解を得られるため有益です。現場の状況を写真に収めておくことや、どのような状況で事故が発生したかメモしておくことも一つです。事故は一瞬のことですから動揺されたり怪我をされた場合などはこういった手順を忘れがちです。いざ保険会社へ報告するという時にきちんと説明をしたり、証明できるものがないと適正な手続きは出来ません。相手方が希望され、警察へ連絡せず示談で済ませようとされるケースは多々あります。しかし、今後に事故の後遺症が出ないとも限りません。治療費や車の修理代を実費で支払うということもあくまで口約束です。相手方に不都合なことですから、今後どのような対応をされるか保証はなく、逃げられてしまうことも考えられます。
このような交通事故問題は事故直後の対処の仕方や損害賠償の請求など、個人では到底解決に辿り着くのは難しいものです。
交通事故問題を取り扱う法律事務所へ今後の対応を相談されてはいかがでしょうか。

PageTop

横浜SIA法律事務所