横浜で交通事故問題が起きたとき|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜で交通事故問題が起きたときに人身事故では何を請求できますか?

横浜で免許を取得してこれから車の運転を楽しもうと考えているのですが、交通事故のことは不安になっています。
ひょっとしたら自分が事故を起こしてしまうかもしれず、あるいは自分が事故に巻き込まれるかもしれません。
そこで、交通事故問題が起きたときには法律事務所に助けを求めたいと考えています。
仮に人身事故に巻き込まれてしまった場合にはどういった請求ができるのか知っておきたいので説明してください。

回答

入院や通院費用から休業損害、逸失利益までさまざまなものを請求できます。

交通事故で人身事故を起こしてしまうのは大変なことであり、その際にどういったお金の請求が行われるのか気になりますよね。
我々は多くの事例を扱ってきた実績があり、過去には交通事故問題も多数請け負ってきました。
先日も交通事故の被害にあったという人からの相談があって、そちらの人は交通事故で怪我をしてしまったため、相手からしっかりとお金を請求したいという話でした。
そこで、人身事故の場合に具体的に何を請求できるのか詳しく説明することになりました。
人身事故の場合には入院や通院にかかる費用はもちろんのこと、病院へ行くまでの通院費や衣服のクリーニング代、壊れたものの修理代などを請求できます。
さらに消極被害として、後遺症が出た場合の逸失利益や休業損害、苦痛に対する慰謝料などを請求する権利も与えられます。
しかし、こういったお金の請求を素人が行おうと思ってもなかなか大変であり、しっかりと請求したいならば法律の専門家に頼むことが大切であると伝えたところ、ぜひとも請求を任せたいという話になりました。
そこで、私達がしっかりと請求することになり、その際には事故の状況を詳しく聞き出して、病院で診断書をもらってもらい、万全の体制で加害者と交渉することになりました。
加害者側も弁護士を用意していたのですが、こちらは長年の実績とノウハウがあるため、うまく交渉を進めることができて、相場通りの慰謝料を請求することに成功しました。
結果を伝えたところ、依頼者はとても喜ばれていて、事故の被害を受けて暗い気持ちになっていたけれども、やっと安心することができると話されました。
このように交通事故の被害にあった場合には人身事故ではさまざまなお金を請求することができるため、請求できる可能性のあるものはしっかりと相手からお金を受け取っておくことが大切です。
その際には法律の専門家に相談することで相手との交渉がうまく進むでしょう。

PageTop

横浜SIA法律事務所