横浜で自己破産すると|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜で自己破産すると銀行口座が凍結されるのでしょうか?

横浜で私はずっと生活苦で悩んでおり、少しずつ借金をしていたのですが、最近になって借金の額がかなりのものになってしまい、このままでは立ち行かなくなってしまうと思っています。
そこで、自己破産について考えていて、そうすれば借金をすべて帳消しにすることができるため、苦しい状況をなんとか脱却できるかもしれないと期待しています。
しかし、自己破産してしまうとさまざまな影響が出てしまい、銀行口座が凍結されるかもしれないことが特に不安に感じています。
自己破産することで銀行口座が使えなくなるようなことがあるのか知りたいので教えてください。

回答

自己破産しても銀行口座はそのまま利用できます。

自己破産すると銀行との取引に影響を及ぼすのではないかと心配する人は多いです。
我々は借金でお悩みの方を救ってきた実績があり、さまざまな手続きをサポートして助けてきました。
このまえは、多額の借金を抱えていて自己破産したいという方から相談がありました。
そちらの人はとても思いつめた様子であり、毎月借金返済に追われていて、このままではどうしようもない状況になってしまうとのことでした。
そこで、自己破産をすれば借金をすべてなしにすることができ、生活を立て直せる可能性があることを伝えると安心そうな顔をしていました。
しかし、こちらの方は自己破産することで銀行預金を利用できなくなるのではないかと不安を感じているようでした。
そこで、確かに自己破産することで銀行から融資を受けることはできなくなるのですが、銀行で預金することができなくなるわけではないと伝えました。
ただし、借り入れのある預金口座を持っている場合は、自己破産する際に口座が凍結するため、この場合は別に新しく銀行口座を作る必要があると説明したところ、納得してもらいました。
自己破産に関して細かな質問を受けて、それらにすべて的確に回答したところ、我々のことを信頼できると判断してもらい、実際に手続きを依頼したいという話になりました。
経験豊富なスタッフが手続きをサポートしたため、最終的に自己破産することができて、こちらの人は安心したようです。
このように自己破産したからといって銀行にお金を預けることができなくなるわけではなく、新しく銀行口座を作ることもできます。
そのため、自己破産後もこれまでと同じように給与を受け取ることができて、銀行口座を今まで通り利用することができるため安心しましょう。

PageTop

横浜SIA法律事務所