自己破産をすると社会的信用に影響|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

自己破産をすると社会的信用に影響しますか?

私は友人の勧めで始めた投資で大きな損失をしてしまい、借金をしてしまいました。妻にも言えず内緒にしています。銀行の通帳やお金は私が管理していて、口座から引き落とされる家賃や光熱費諸々以外の買い物などのお金は妻へ直接渡していますのでお金の細かな動きは私だけが把握しています。借金の返済に貯金を使ってしまったことも妻は知りません。さらに、私が会社から解雇通知を受け無職になっていることも言えずじまいです。転職より確実にもうかる投資で生計を立てたいと始めた投資で失敗してしまったため、消費者金融から借金をしてこの半年ほど送ってきました。みるみるうちに借金が増え、クレジットカードのキャッシング枠ももう残っていなくてどうすればよいか自分でも分かりません。妻に話したところで解決する事ではないですし、妻の両親や私の両親を巻き込みたくないし恥ずかしすぎます。もし、私が自己破産した場合社会的信用まで無くし、今後の転職などに影響しますか?家族にも知られてしまいますか?手持ちのお金がない状態で相談できる専門家はいますでしょうか?もし横浜で相談出来るところがあれば教えて下さい。

回答

ブラックリストに名前が載り5〜7年の間再び借金をすることが出来ません

自己破産は借金を免責する手続きで、免責が裁判所に認められると借金を返済する必要はなくなります。弁護士が間に入り裁判所に申立てを行います。
自己破産をする場合のデメリットを心配される方が多いのですが、特定の職業の人を除いては大きな障害はほとんどないと考えてよいでしょう。ほとんどの方が普段と変わらない生活を続けることが出来るとされています。しかし、ブラックリストに名前が載るため5〜7年間再び借金をすることは出来ませんし、融資を受けるなどの銀行取引もできません。クレジットカードも使えなくなります。
ご質問についてですが、今後の転職先に自己破産されたことを公的機関が知らせることはありません。また、ご家族に自己破産の申し立てに対する連絡をすることはありませんが、同居のご家族の収入や年金などの公的扶助の需給証明書を添付しなければいけない場合があります。ご家族に知られず全てを対処できるかは保証できないでしょう。
横浜に借金問題、債務整理を得意とする法律事務所があります。着手金0円でも分割での債務整理が可能です。初回のご相談は無料ですので自己破産をすべきか、他の債務整理がよいのか相談されてはいかがでしょうか?

PageTop

横浜SIA法律事務所