横浜で自己破産について聞ける法律事務所|債務整理・任意整理・横浜SIA法律事務所。個人再生・自己破産・過払い返還・離婚問題・交通事故・相続問題についてご相談ください。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

FAQ

横浜で自己破産について詳しく話の聞ける法律事務所を探しています。

借金が重なってしまい、にっちもさっちも行かなくなってしまいました。
最初は少額から始めたので、そのうち全額返済可能だろうと鷹をくくっていたら、すぐに現金ショートを起こしてしまい、つなぎのためにまた借金、借金返済のためにまた借金、とあれよあれよという間に利息を含めた借金総額がとんでもない金額になってしまいました。
もう返済できるかできないかではなく、生きるか死ぬかの瀬戸際に追い詰められています。こうした際には自己破産という選択肢があるのは、名前だけは知っているのですが、詳細はわかりません。申請後、どんな不利益が出るのかも想像がつきません。ただ、もう整理しないと大変なことになってしまっているので、どうにかしたいです。
自己破産について詳しく教えていただけますか。

回答

自己破産をご検討であれば今すぐお近くの法律事務所にご相談ください。

人生は一度きりです。お金の問題だけで棒に振ってしまっては元も子もありません。今すぐ法律事務所に駆け込んでご相談ください。
こちらでは、自己破産についての詳細をご紹介しましょう。自己破産とは、借金の返済を迫られている際に、裁判所から支払いができない事実を認めてもらい、現在ある借金を免除してもらう手続きのことを言います。
自己破産はあくまでも個人的な手続きであるため、ご家族がいる場合、そのご家族や親族に影響が及ぶことはありません。ただし、連帯保証人への請求を止めることはできないので、配偶者が連帯保証人の場合などは共に自己破産する必要があります。
また、財産をすべて失うわけではありません。自己破産は破産法に基づいて判断されますが、その条文を解釈すると、99万円以下の現金・20万円未満の預貯金・ベッドや衣服など生活に必要なものは没収されません。身ぐるみを剥がされるわけではないのです。
もちろん自己破産にはデメリットもあります。いわゆるブラックリストに載り、ローンが組めなくなったり、クレジットカードも使えなくなります。申請から免責が決定するまでの間は職業が制限されます。警備員や生命保険募集人、士業などが対象です。自己破産した事実が一般に広く周知されることはありませんが、名前が官報に載り、公開されます。
債務整理には自己破産以外にも手段があります。混乱したまま手続きを進めてしまうことはおすすめしません。まずは落ち着いて弁護士と相談することをおすすめします。

PageTop

横浜SIA法律事務所