横浜の交通事故問題ならお任せ下さい。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

横浜の交通事故問題【ポイントとFAQ】

交通事故に関することでお悩みの方は、横浜SIA法律事務所にお任せください。
交通事故に遭遇した場合は、頭が真白になり冷静な判断ができなくなるケースが多く、事故の相手が保険会社を通して、極端に低い金額を提示してくるなど、こちら側に不利な条件で和解を迫ってくることもよくあることです。
自動車保険に加入しているから、こちらも保険会社に任せておけば大丈夫と思っている方も多いようですが、示談金など交通事故問題で揉めた場合は、弁護士への依頼が有効とされています。
弁護士を間に入れて示談交渉を行うことで、かなり高い確率で慰謝料の増額が見込めるのが、交通事故問題を弁護士に任せる大きなメリットです。
その他にも、交通事故で後遺症が残った場合に、後遺症の専門知意識を持ち合わせている弁護士に、後遺障害申請のサポート受けることもできます。

交通事故問題 横浜

さらに過失割合と呼ばれる交通事故の責任の割合を見直してもらえたり、面倒で精神的にも辛い事故後の対応や手続きを、一任できるメリットもあります。
平日10時から21時までご相談を受付けしておりますし、事前にご予約いただければ土日の対応も可能です。
どうぞお気軽にご連絡ください。

01横浜で交通事故問題の対処について相談できる法律事務所とは?

自分が交通事故に巻き込まれるとは誰も想像しないものです。そのため不意な衝撃を受けても現実的に受け止められず、呆然としてしまうことは珍しくありません。
交通事故に遭った時、どのような対処をするべきか、相手との交渉が難しい場合どこへ相談するべきなのかを理解しておくと、万が一の時にも慌てないでしょう。
どのような状況でも相手の身分や連絡先の確認を行う事、速やかに警察と保険会社へ連絡する事、現場の写真を撮っておいたり、どういう状況で事故が発生したかメモに書いておくことが大切です。
時間が経つと記憶が曖昧になるため、時刻を見てすぐに記録するのが有効です。
交通事故の交渉は自分で行うよりも弁護士へ依頼する方が圧倒的に有利です。相手の加害者は保険会社か弁護士を立て、相手方本人の利益のために交渉を行います。仮に被害者に過失がなかった場合でも、小さな落ち度を見つけ、慰謝料を少しでも抑えようと働きます。豊富な経験と知識量で依頼者を守るのが弁護士の仕事ですから、一般の人には太刀打ちできません。
横浜に交通事故問題の相談を受けている法律事務所があります。経験豊富な弁護士が依頼者を守り、有利となるよう交渉を行います。慰謝料や休業損害、後遺症による逸失利益などの補償を的確に請求してくれます。

02交通事故問題について初めての方に分かりやすく説明

ほんの一瞬で起こるのが「事故」であり、生死が危ぶまれる可能性がある事故の一つが交通事故です。
自分が被害者である場合、交通事故問題を避けるためにどのようなことを心掛けておくとよいか挙げてみましょう。
事故直後まず加害者の運転免許証を確認し、連絡先をメモして電話番号を聞きます。名刺も提示してもらい勤務先や連絡先も控えます。また、車両ナンバー、保険会社の名称及び証明書番号を確認してください。事故の被害者が他にいないか、破損した車両の状態や事故現場の状況も確認しスマホで写真を撮っておくと証拠になります。目撃者がいれば必ず連絡先を聞いて、証人になってくれるよう頼んでみてください。
交通事故が起こった場合、加害者が警察へ連絡するものですが、出来ない状況であれば被害者が連絡します。
警察から交通事故証明書が発行されないと保険金請求手続きが出来ませんし、加害者と争いになった場合の客観的な証拠がなければ不利です。
事故の衝撃で多少でも異常を感じる場合は必ず医師の診断を受けましょう。重症の怪我を負った場合は全身の検査を受ける事をお勧めいたします。検査結果は客観的な証拠となるため、後日、損害賠償請求の際にも提示することで有利に運ぶことが出来ます。
加害者とのやり取りはボイスレコーダーやスマホの録音機能を使用し残しておくのが効果的です。事故に遭うと気が動転してしまうものですが、対処一つで後の加害者とのトラブルを回避し、有利な交渉が出来るため証拠保全が大切となります。また、ご自身で交通事故問題の交渉を行うのは難しいため、弁護士に相談するのが賢いです。

交通事故問題について初めての方に分かりやすく説明

03交通事故問題での3つのお悩みとは

全国の交通事故による死者は2020年に過去最少を更新したものの、65歳以上の高齢者の死者数は56.2%に高止まりし、高齢ドライバーの事故増加が懸念されています。さらに、少子高齢化の日本においては今後の交通事故対策が重要であり、交通事故問題は社会問題の一つと捉えるべきかもしれません。
これまでに交通事故に遭った方のお悩みから3つを挙げてみましょう。

1.軽い交通事故だったがトラウマになってしまい、運転する気になれない
→交通事故に遭い、外傷がなくても精神的なショックが残るケースがあります。苦痛への慰謝料請求が検討出来ますので、ご自身の心の動きをメモに残しておくようにして下さい。

2.相手の保険会社が都合の良い交渉をしてきて上手く対応出来ない
→交通事故が発生すると交渉相手が加害者から保険会社へ変わります。保険会社は交渉のプロですから、会社にとって有利な交渉凍結のために尽力します。一般の方が対応するのは難しいため、交通事故問題を取り扱う弁護士や司法書士へ相談するのが有効です。

3.加害者が警察へ物損事故の届け出を出しているが、自分は症状は軽いとはいえ怪我をしている
→加害者が物損事故として届け出を行っても、被害者の方が怪我をされている場合は、人身事故に切り替える必要があります。事故直後に受診した病院で事故日と初診日の記載された診断書を取得し、事故処理を行った警察署の交通課に切り替え希望の旨を連絡し、必要書類を提出します。警察の調査を経て確認されれば人身事故に切り替わります。このような点も法律家のアドバイスを受ければ有利な補償へと交渉が行われます。

04交通事故問題での損害賠償請求の種類について

警察庁が発表した2020年度の年間交通事故死者数は2839人と戦後最小を更新。これは移動自粛などが影響し、交通量が大幅に減少したことが大きな要因とは言え、それでも交通事故件数は30万9000件発生しています。件数も前年比から減少していますが、これだけの事故が起こっており、その中には民事・刑事事件に至る法律問題が生じています。
自分が交通事故の被害者になった場合、どのような損害賠償を請求できるのか、その種類を挙げてみましょう。
人身事故の場合に請求できる損害賠償項目
・治療費 怪我や診察、入院などに発生した費用
・入院雑費
・通院交通費 近親者が付き添いを行った場合の交通費も請求可能
・葬儀費用 死亡事故となった場合の葬儀費用、原則として150万円以内
・家屋・自動車リフォーム費用 事故による怪我により浴室やトイレ、玄関や車を介護用にリフォームしなければいけない場合、そのリフォーム費用を請求できます
・休業損害 収入が減った分を請求することが可能です。専業主婦の場合、病院に通院したり、ケガで動けなかった分を家事労働分の費用として請求できます。
・逸失利益 事故の後遺症が残り、将来にわたって今までと同じ収入が得られない場合に、経済的不利益の賠償請求を行います。死亡事故の場合、生きていれば収入を得られたはずの金額から生活費控除を差し引いた分を請求できます。
・慰謝料 精神的苦痛に対する賠償金を請求できます。後遺症を負っている場合はその程度により額が変わります。死亡した場合に請求する死亡慰謝料は、被害者の親族にも、被害者本人の慰謝料とは別に、固有の慰謝料を認められることがあります。

05交通事故問題に対応している横浜の弁護士事務所の対応エリア

交通事故問題と聞くと一瞬「?」と思われる方がいるかもしれません。軽い接触事故から、数台の車や通行人を巻き込み、大きな被害となる交通事故まで様々で、民事・刑事事件に至るケースもあるのが交通事故問題です。
交通事故が発生すると、警察と加入している保険会社へすぐに連絡を行わなくてはいけません。そしてその段階から、被害者との交渉は加害者側の保険会社が行います。
保険会社は被害者に寄り添うものと思いがちですが、実際には加害者の過失割合を小さくし、賠償金を減額するように動きます。そして、専門用語や法律用語を使い、高圧的な口調で被害者とやりとりすることも多いのです。保険会社も営利企業ですから、支出を減らすことが求められるためです。そのような中で、不快なやりとりに言いくるめられてしまい、低額な慰謝料しか受け取れなかったというケースは少なくありません。弁護士に交渉を任せれば不快な思いをすることもなく、より早く、自身で交渉するより2~3倍ほどの差が出る慰謝料を受け取れる場合もあります。
それならば、弁護士費用を払ってもメリットの方が多いとなるのです。
横浜の弁護士事務所は交通事故問題に取り組んでいますので、保険会社との対応にお悩みの方はご相談されてはいかがでしょうか。

■対応エリア
神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県、山梨県

06交通事故問題の弁護士費用の目安とは

交通事故に巻き込まれてしまった時、被害者の立場にいる人は、加害者側の保険会社から交渉を受けることになります。交渉を得意とする保険会社は、被害者様ではなく、自社に有利な条件で交渉凍結をしようと強引な態度を取ることもあります。
「いつの間にか言われたことに納得してしまった」「面倒になって相手の条件を飲んでしまい、最低限の賠償金しか貰えなかった」という被害者様のお話しを耳にします。被害の重さに値する慰謝料を受け取るためには、弁護士に交渉を依頼するのがベストです。
弁護士と交通事故の対応は結び付かない方もいますが、時には民事・刑事事件に至ることのある交通事故は、困難な法律問題に直面することが多いため、弁護士が被害者様に代わり交渉を行うのです。
交通事故の交渉を依頼する場合の弁護士費用について、横浜の弁護士事務所にお聞きしました。ケースバイケースですので、あくまでも参考価格として参照下さい。

交通事故問題の弁護士費用の目安とは

弁護士費用の目安
基本費用:270,000円+実費
*この他、報酬(得られた経済的利益の7%。経済的利益が3000万円を超える場合は超過部分につき5%)
弁護士費用は分割での支払いが可能です。ご事情に応じて最大限に配慮されていますので、現在交渉にお悩みの方は弁護士への依頼を検討されてはいかがでしょうか。

07交通事故問題を弁護士に対応してもらう3つのポイント

現在から遡って30年、日本では交通事故による死者数が大幅に低減していますが、交通事故の発生件数自体はほとんど増減していないというデーターが出ています。死者数の低減に貢献しているのは車の安全性の向上によるものと考察されています。
交通事故の大半の原因は、「ドライバーの油断」であり、避けようと思えば起こらなかった事故なのです。また、「運転技術や速度感の欠如」は高齢者ドライバーや初心者の操作不慣れによるものが主な原因となっており、危険への認識度が低いことで人の生命を左右しかねない交通事故を引き起こしています。
交通事故が起こると、加害者のドライバーから加入している保険会社の担当者へ対応する人が変わります。被害者は保険会社に交渉を依頼出来ないため、ご自身で対応するか、弁護士に依頼しなくてはいけません。交渉の際、過失割合に応じて損害賠償金が提示されますが、この交渉を弁護士に対応してもらうべき理由があります。3つのポイントを挙げてみましょう。

・保険会社との示談交渉で有利な過失割合を主張でき、慰謝料や示談金が増額する
・事故現場付近の店舗や住民の証言記録、目撃者の証言、防犯カメラの映像など、事故状況の証拠収集を一任出来る
・面倒な示談交渉を依頼することで苦痛を受けない


交渉に慣れている保険会社に被害者が直接対応するのは大変難しく、不安や苦痛を増大させ、ストレスになります。弁護士に依頼することで有利な解決が望めます。

08横浜で交通事故問題に対応している法律事務所と他との違い

夕暮れ時は一日の中でも交通事故が多発する危険な時間帯です。
警察庁の発表によると、死亡者が出る交通事故の発生件数は17時、18時、19時台が突出して多く、10月〜12月にかけてが年間で最も事故の発生が多いそうです。詳細としては、「自動車対歩行者」の事故が死亡事故の半数近くであり、事故の9割が「道路横断中」に発生しています。視界が悪い時間帯であり、学校や仕事の帰宅時刻に道路を斜め横断したり、歩行者横断禁止標識を確認せず横断するといった、歩行者の交通ルール違反も事故発生の大きな原因になっています。
ドライバーは夕方早めにライトを点灯することが推奨されており、自身の視界を確保し、他の自動車や歩行者に知らせることで事故防止に繋がると警報されています。それでも起こってしまう交通事故ですが、被害者は被害を受けているにも関わらず、加害者が加入している保険会社との交渉で不利な立場になることが少なくありません。
交渉のプロである保険会社の担当者に対応出来るのは弁護士です。
横浜にある法律事務所では、交通事故問題に取り組み、被害者に有利な交渉により問題解決することで知られています。調停から訴訟などにも対応しているため、加害者との交渉が難航した場合にもトータルで任せることができます。

09横浜の弁護士事務所に依頼された交通事故問題の相談事例

交通事故は車を運転している人だけでなく、歩道を歩いている人や自転車、バイクで走行中の人との接触によるものなど多岐にわたります。
交通事故の更なるトラブルはその後の対処や補償にも及びます。横浜の弁護士事務所に依頼のあった交通事故問題の相談事例をご紹介しましょう。

横浜の弁護士事務所に依頼された交通事故問題の相談事例

川崎にお住いのH様からのご相談は、自転車の走行中に起こった車との接触による交通事故についてです。帰り道を急ぎ、信号が黄色になり横断歩道を走っていた際、発進した車とぶつかってしまったそうです。車はスピードを上げていなかったため軽い接触で済みましたが、横断歩道の真ん中で自転車ごと転倒されたのです。車はすぐに路肩に停車し、急いで自転車を運んでくれたようで、ご相談者様は突然のことに呆然となりながら歩道まで歩いたとのことです。
車の運転手の男性は慌てて警察と保険会社へ連絡されました。その後、警察がすぐに到着し、聴取や手続きなどを済ませてから、相手方と連絡先を交わして帰宅されました。このケースでは運転手に100%の過失があると考えられますが、運転手が加入している保険会社からの連絡では、相談者様にも落ち度があるという指摘で、お見舞金程度の慰謝料しか提示されなかったそうです。膝や肘に軽度のけがをされていますし、翌日はむち打ちの症状があり、会社を休まれているため、これらの損害賠償は支払われるべきです。ご相談者様から保険会社への対応代行を依頼いただきましたので交渉を行うと、初めに提示された金額の倍額の慰謝料のお支払いが可能となりました。交通事故の交渉は専門家である弁護士にご依頼くださるのが得策と言える一例です。

10横浜の弁護士事務所によくある交通事故問題への3つの質問

思いもよらぬタイミングで巻き込まれたり、巻き込んでしまう可能性のある交通事故。被害者にも加害者にもなりたくないと誰もが思うものでが、交通事故が起こらない日はありません。
起こってしまった時にはどうすればよいのか、横浜の弁護士事務所に、ご相談様からよくある3つの質問を挙げて頂きました。
質問 交通事故の被害者ですが、相手にどのような請求が出来ますか?
回答 物損事故か人身事故かなど、発生した交通事故により請求内容が異なります。物損事故では損壊した物への修理代の請求が出来ます。人身事故の場合は、実際に支出を余儀なくされた積極損害と、事故に遭わなければ得られたと仮定する消極損害があります。
事故に遭ったことで入院や通院に掛かった費用、病院への交通費や車の修理代が積極損害にあたります。一方、消極損害は休業損害、後遺症による逸失利益、入院や通院による苦痛、つまりは慰謝料を表し、請求することが出来ます。
質問 交通事故に遭った際、相手の方から示談を持ち掛けられたのですが。
回答 交通事故において相手と直接交渉を行うと収拾がつかなくなる場合があります。必ず保険会社を通して交渉するようにして下さい。
ご自身の過失がゼロの事故であれば保険会社の示談代行が受けられないため、相手の保険会社と直接交渉しなくてはいけなくなります。この場合には、交渉のプロであり、法律を熟知している弁護士への依頼がお勧めです。
質問 お互いに過失があり、大きな事故でないと判断したためその場を離れたのですが罪になりますか?
回答 交通事故を起こしたにも関わらず現場を離れてしまった場合、当て逃げやひき逃げなどの厳罰に問われる可能性があります。
事故直後には加害者・被害者問わず、自分の過失に対する責任を取らなくてはいけませんので、事故の当事者が加入している双方の保険会社に連絡しなくてはいけません。その際に交渉が難航したり、過失割合が不利になるといった場合には弁護士に交渉を依頼されるのが賢明です。

11交通事故問題の相談を行う時の注意点

POINT 交通事故に遭うと、まずは警察への通報、自身が加入している任意保険会社への連絡や怪我の治療など、冷静に対処しなくてはいけません。また、加害者に対し損害賠償金を請求するための適切な対応も必要です。さらに、相手方との交渉を有利に進めるには交通事故の専門的な知識を持った人に相談するのが賢いと言えます。
ここでは、交通事故問題の相談に適した窓口と注意点をご説明しましょう。

●交通事故問題を扱う弁護士に相談
交通事故問題を扱う弁護士は、法律の専門家である大きな信頼度があります。
適切な額の賠償金請求が期待できるほか、抜け漏れも防止出来て安心。また、事故による症状に適した後遺障害等級の獲得が望めること、示談交渉、書類の作成から法的手続きまで事故対応を一任できるメリットがあります。

●交通事故相談センターに相談
所属している弁護士へ原則無料で慰謝料や損害賠償額の算定について相談が出来たり、あらゆる交通事故のトラブルに対する解決の相談窓口があります。
電話相談や面談に時間や回数制限があるため、じっくり相談することや、事故直後の対応に関する相談が出来ないデメリットはあります。あくまでも中立的な立場として解決策を提案してくれる機関のため、ご自身に有利であるとは限りません。支援機関として相談できる場所と考えましょう。

●各自治体の相談窓口に相談
自治体によりますが、交通事故問題の無料相談窓口を設けているところがあります。
事故への対応範囲は自治体によりますが、状況により適した窓口を相談してもらうことが出来るため、まずはどこかに相談したいという場合に利用されるのが適しているでしょう。

12交通事故問題について

日本は、歩行中や自転車乗用中の死者数が諸外国と比べて大幅に多いことをご存じでしょうか。さらに、交通事故死者数の約7割が幹線道路で発生しており、警察庁と国土交通省により、幹線道路と生活道路における事故対策が進められてきました。
交通事故が発生した時、被害者と加害者という立場が生まれ、「過失割合」について責任の重さを問う""事務的""な交渉が行われます。
警察や検察は事件を出来るだけ早く処理するためにずさんな事故現場見取り図を作成したり、両者から詳しい現場説明を聴取していないケースもあるとのこと。その背景には、事故の影響でどちらかもしくは両者が会話が出来る状態でなく、双方から同じだけの情報を得られないこともあります。そして、それにより過失割合が不利になり、適正な損害賠償が支払われなかったという事例が非常に多いのです。
事故後、加害者が直接被害者と交渉することはなく、加入している保険会社が窓口となります。保険会社は営利企業であり、自社の利益を第一に考えるため、少しでも支払う保険金を減らせるよう交渉をしてきます。ところが事故の被害者は保険会社を頼ることが出来ません。被害者の利益を考え動いてくれるのは弁護士と医師でしかないでしょう。
交通事故問題で被害者に有利な交渉を相手方の保険会社に行ってくれるのは弁護士だけなのです。万が一、事故に巻き込まれてしまったら弁護士を頼るのが賢いでしょう。

FAQ一覧

お役立ち情報

交通事故問題で弁護士に相談するメリットとは? 交通事故に遭ったときに弁護士に相談して得られるメリットを紹介しています。
事故に遭ったら保険会社に連絡して対処してもらえば良いと考えている方も多いと思いますが、弁護士でなければできないことなどが書かれています。
交通事故問題で示談を行うタイミングや注意点は? 交通事故の加害者になってしまい示談を迫られたときの、交渉をはじめるベストなタイミングが書かれています。
交通事故の示談とは何かも紹介しているので、車を運転している方は万一のときに備えてぜひご覧ください。
交通事故問題を起こしたときに真っ先にすべきこととは?
交通事故を起こしてしまったときに、当事者が真っ先に行うべき正しい行動について解説しています。
加害者と被害者でとるべき行動が異なることも分かるようになっているので、ドライバーの方はぜひご覧になってください。
交通事故問題をスムーズに解決させるためのポイントとは 交通事故問題をスムーズに解決するためのポイントについて書かれています。
弁護士に相談するベストなタイミングについても紹介しているので、まさかのときのためにぜひご覧になってみてください。きっとためになると思います。

PageTop

横浜SIA法律事務所