横浜の任意整理ならお任せ下さい。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

横浜の任意整理【ポイントとFAQ】

横浜で任意整理をお考えの方は、横浜SIA法律事務所にお任せください。
自己破産などとは違い、裁判所を通さずに直接借金をしている貸金業者などと交渉をして、毎月の負担や借金の額を軽減し、返済を継続させるのが任意整理ですが、ご自身で業者と交渉しても、希望通りに話がまとまらない場合がほとんどです。
そもそも任意整理ができる方は限られていて、法律の知識がない素人が百戦錬磨の貸金業者などと交渉しても、いいように言いくるめられてしまうのが当たり前です。
ただし、法律の専門家である弁護士に任意整理を任せれば、交渉がまとまる確率は一気に高まり、場合によっては過払い金を見つけてもらえて、借金をなくすることも可能です。
過払い金の額が大きければ、手元に大金が戻る可能性も出てきます。
もちろん、過払い金があることを業者側が認識していても、こちらからその事実を指摘しない限り

任意整理 横浜

は、闇に葬られてしまいますので、任意整理は法律の専門家に任せた方がいいことは、容易に理解いただけるでしょう。
任意整理の内容について知りたい方は、無料で借金相談に応じておりますので、まずはお気軽にお問合せください。

01任意整理とは?

債務整理の中でも、最も手続きが早く済むのが任意整理です。
任意整理の最大のメリットは、裁判所を通さずに弁護士が債務者と業者の間に入って、借金の利息分を減らし、元本については3年〜5年で返済する交渉をするものとなります。
債務者のメリットは、リボ払いなどで多重債務になって、元本が減らないという状態を脱し、毎月一定額を返済することで確実に元金が減っていく状態を作ることができます。
業者のメリットとしては、利息はカットされますが、債務者から元金は回収できるので、自己破産されるよりは良いということで、交渉に応じてくれる可能性が高いです。
一方で債務者のデメリットは、ブラックリストに載るので、一定期間、新規のローンやクレジットカードを作ることはできなくなります。
それに借金が減らないので、長期的に毎月返済し続ける必要があります。

02任意整理を初めてする方へ

借金問題で困っている方は、いくつかの解決方法があります。
その中で、返済能力があり、かつ借金が少額(500万円〜1000万円程度)の方にお勧めの方法が、任意整理という方法です。
任意整理の最大のメリットは、裁判所を通さず、債務者(弁護士)と債権者(金融会社)が直接借金についてやりとりして、利息分をカット、もしくは減額して3年〜5年(場合によっては7年)の期間で元金を返済し終える借金の減額方法ということです。
つまり、裁判所を通さない分、早期に借金問題を解決することができるので精神的にすごく楽になります。
一日でデメリットは、借金の元金は返済しなければならないので、例えば100万円であれば、3年で返済すれば月々3万円前後の支払いで済みますが、額が多くなればなるほど月々の返済金額が増えてしまいます。
自己破産などは、借金そのものを帳消しにする代わりに、裁判所から求められた費用などを提示したり、証拠を残さないといけないので、時間がかかります。
どちらが良いかは人それぞれですが、借金問題にお困りの方は、まずは一人で悩まずに弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

任意整理を初めてする方へ

03任意整理で失敗しないための3つのポイント

借金で苦しんでいる場合、自己破産や個人再生の他に、任意整理という方法があります。
しかし、任意整理をしても結局借金の返済ができなかった…などの状況にならないように、しっかりと検討することが大切です。
今回は、任意整理を失敗しないための3つのポイントをご紹介します。

1.業者選びは慎重に
任意整理は、相手の会社によって対応が変わってきます。
60回払いに応じてくれるところや、逆に24回までにしか応じてくれない会社も存在します。
ある程度の実績がない業者に依頼してしまうと、依頼者の要望通りの月額費用に到達しない場合もあり、場合によっては任意整理したけど返済額が多くなってしまうことがあるので気をつけましょう。

2.着手金が安いところに依頼しよう
基本的には着手金はなるべく安いところに依頼しましょう。
高い金額を無理して払って、結果として支払いができなかった場合、辞任されてしまった上に任意整理も進まないなんてことも・・・。

3.目的をちゃんと理解しよう
任意整理の場合、目的は任意整理ではなく借金の返済、整理です。
なので、任意整理では到底返済できないような状態だったら、自己破産なども視野に入れて提案してくれるところ、あなた自身も視野に入れて対応する必要があります。

04債務整理の種類とは?

返済能力を超えた借金をしてしまい多重債務に陥っている場合、債務の減額や免除、支払い期間の調整などにより、法的に借金の問題を解決する「債務整理」が勧められます。
借金の状況に合わせた債務整理を行うことで借金問題を解決し、人生の再出発をすることが目的です。
債務整理には3つの種類がありますのでその特徴についてご説明しましょう。
・任意整理 弁護士が債権者との交渉により毎月の返済額や返済方法を調整し、合意した金額を3~5年で返済していく手続きです。借金の返済額が減ることで負担が少なくなり、無理のない計画で返済できるほか、裁判所を通さないため、手続きが比較的簡単なのもメリットです。
・個人再生 裁判所を通した手続きであり、完済までの返済金額や方法をまとめた再生計画案を債権者集会で決議し、裁判所の認可を得れば大幅な借金の減額が出来ます。
借金の額を最大90%減額出来るケースもあり、残った借金を3~5年で返済していく手続きです。住宅ローンの返済中で住宅を失うことなく債務整理が出来る唯一の方法でもあります。
・自己破産 破産申告書を裁判所に提出し、免責許可が下りれば借金の支払い義務が無くなります。しかし、一部の自由財産(総額99万円以下)を除き、財産を処分され債権者への配当に回されます。公的な資格を使った仕事の方は手続き中に仕事が出来ない規制もあります。
それぞれの手続きにはメリットだけでなく、デメリットもありますし、条件もあります。弁護士に相談され、ご自身に適した債務整理を行いましょう。

05任意整理の相談に対応エリア制限なし

任意整理の相談に対応エリアの制限はありません。全国各地で多くの弁護士が任意整理を担当し、多くの人が救済されています。
とは言え、よほどの事情がない限り、横浜の方が遠く離れた地の弁護士に頼ることは少ないでしょう。神奈川県もしくは東京都内の弁護士に頼る方が多いと思われます。頻繁に相談に乗ってもらうのであれば、近場の弁護士に相談することが解決への近道になります
また、弁護士が業務として担当する分野は広大です。各々の弁護士もしくは弁護士事務所で得意な分野というのはあります、任意整理の場合は財産に関して強い弁護士に相談することをおすすめします。
最近は弁護士事務所でも、ホームページを開設するケースが増えてきました。多くの場合、ホームページ上で任意整理について、手続き、負担する額などの解説が掲載されています。
こういった情報を集め、その上で、クチコミや近所での評判を収集しながら相談する弁護士を選定していきます。任意整理を始めとする債務整理にはいくつかの債務整理手法があります。あなたの希望に合わあせた形での財産処分・維持ができるよう、有能な弁護士を探しましょう。

06横浜で任意整理を検討する際の費用の目安

負債が溜まってしまい返済が難しくなってきた時点で頼りになるのは、任意整理など、公的な返済計画の組み換えシステムです。返済が厳しい状況の深刻度に合わせて、債務を圧縮できる個人再生、そもそもの返済義務から開放される自己破産といった仕組みも用意されています。
任意整理は、こういったシステムの中でも、一番取り組みやすいものと言えるでしょう。弁護士を間に立てることで、直接の取り立ても無くなります。任意整理の基本的な意義は、返済計画の組み直しです。ただし、借り入れを始めた時期によってはグレーゾーン金利も適用されるため、返済対象となる元本の再計算も期待できます。
さて、気になる弁護士費用ですが、目安はまちまちです。あまり高額な報酬がベースにあっては任意整理の意味がなくなってしまうので、なるべくリーズナブルに手続きを進められる、債権分野に強い弁護士を探しましょう。
ホームページが浸透したことで、多くの弁護士事務所が自社の得意分野と相談料を公開しています。ご自宅の地名と弁護士のキーワードでまずは検索してみます。結果一覧の中から気になる弁護士事務所を見つけ、いくつかの弁護士事務所とまずは電話で相談してみることが賢い方法と言えます。

横浜で任意整理を検討する際の費用の目安

07横浜市で任意整理する際の3つのポイント

01任意整理の概要を確認しましょう。

任意整理とは、公的に認められている債務整理手段の1つです。まず、今ある借金の総額と利息を計算し直します。「現状の返済額と比較して安い場合」「借金に対する利息が言わゆるグレーゾーンにかかっている場合」には、弁護士を通した任意整理のもと、月々の支払額を更新することができます。

02借金の圧縮はありません。

債務整理には、任意整理の他に個人再生と自己破産があります。このうち裁判所の審査が不要なのが任意整理のみです。弁護士と相談するのみですぐに実行することができます。一方、個人再生なら借金の圧縮、自己破産なら借金の免除が認められていますが、任意整理には借金の返済に係る計算と新返済プラン構築が認められているだけで、借金そのものが減るわけではありません。また新返済プランに関しては今後数年で返済できる可能性を具体的に示さなければなりません。

03最適な事務所を選びましょう。

任意整理を始めとした債務整理は多くの事務所が担当していますが、経験やバックグラウンドに関しては百者百通りです。ホームページなどを利用して、債務整理に専門的に関わってきている弁護士を選ぶことが大切です。

08横浜で任意整理を考えている方におすすめする他社との違いとは?

任意整理を相談される方の多くは、最初は弁護士事務所への無料相談を活用されることと思います。
しかし、弁護士事務所の中でも、事務員が対応したり、司法修習生が無料相談は活用して、ちゃんとした相談に乗ってもらうためには有料の相談を依頼しなければならない・・・というケースも少なくありません。
しかし、債務整理するくらいの方は当然、費用の捻出が難しく、そもそもの相談費用を捻出することが難しく、相談したいけどお金がない→納得できないからいつまでも債務整理できない→借金の苦しみから抜け出せないという負のサイクルから抜け出せない方が多くいらっしゃいます。
当事務所の場合、無料相談も弁護士が親身に対応するので、きちんと納得した上で債務整理に進んでいただけます。
また、お仕事されている方のためにも、土曜日や日曜日、夜も21時まで法律相談を行なっているので、その点は他事務所との違いとなるでしょう。

09横浜市での任意整理に関する相談事例

横浜市での任意整理に関する相談事例

任意整理は、債務整理の1つの手法です。裁判所にかかることなく弁護士を通じて債権者と債権のまとめ直しを行い、新たな返済プランを作成するものです。
法改正により過去に払いすぎたグレーゾーン金利にも対応でき、場合によっては債務残高が減ることもあるので、一時期注目を集めました。
多く寄せられる相談の一つに「どういった弁護士に頼んだらいいのかわからない」というものがあります。今回は弁護士を見極めるポイントをご紹介しましょう。
まず債務返済に強い弁護士とコンタクトを取りましょう。任意整理は債務整理の中でも比較的簡単に手をつけられる部類のものですが、同じ債務整理でも個人再生や自己破産などにレベルが上ってくると裁判所を通した大掛かりなものになってきます。そのレベルまで到達しないよう、初期の段階で無理のない返済計画の練り直しが必須となります。
家計の状況や収入手段、今後のライフプランなど総合的な視野で相談に乗ってくれる弁護士を探しましょう。各弁護士の実績は多くの場合ホームページで公開されています。こうした情報を参考に弁護士事務所にあたってみましょう。

10横浜市で任意整理の依頼を検討する際によくある3つの質問

任意整理の依頼を検討する際によく出る、3つの質問にご回答しましょう。
質問 任意整理とはなんですか?
回答 任意整理とは、債務整理の1つの手法です。債務契約を結んだ際に、現在では認められていない利息制限法の上限を超えた利息を設定していた借金をしていた場合、これを正規の金利にあわせて計算し直すことで借金の総額を減らすことができます。また、これまでの遅延損害金や今後発生する利息(将来利息)をカットすることができます。
質問 グレーゾーン金利とはなんですか?
回答 日本国内では金利を規制する法律が2種類あり、出資法と、利息制限法がこれにあたります。ただ、この2つの間には、上限金利に差があり、出資法に合わせた金利である29.2%に設定したものが多くありました。2010年に貸金業法が改正され、利息制限法の上限金利の15〜20%が基準となり、それまでの債務契約は開始時にさかのぼり金利を再設定することが認められました。この2つの上限の間の金利のことをグレーゾーン金利と言うのです。
質問 今の借金は減額できますか?
回答 グレーゾーン金利の引き直しと将来利息のカットが適用できるので、多くの場合減額は可能です。

11横浜市で任意整理に関する業者選びをする際の注意

POINT 任意整理は、積み上がってしまった債務を返済しやすくする手段の一つです。特に返済期間が長期間に渡る場合には、過去の返済の中にグレーゾーン金利に当たる部分があるかもしれません。現行の法定利率に合わせ、債務を引き直すことで返済額や期間をより軽減することができます。
こうした交渉には経験が重要です。任意整理を依頼する際には、経験のある弁護士に依頼しましょう。
注意しなければならないことは、任意整理は債務圧縮の手段ではないことです。あくまでも債務の引き直しなので、返済は続きます。よって任意整理の対象になるのは、継続的な収入があり、かつ残債を3年程度で返済可能な私人に限られます。
任意整理は弁護士が代理人として債権者と交渉に当たり、また裁判所の審査を通さずに進めることができる手続きです。そのため、債務者本人の負担は軽くしたまま手続きをすすめることができます。
長期にわたり返済を続けている方、借金の引き直しをご希望の方は、「任意整理」をキーワードに検索し、複数の弁護士事務所をさがしコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。

12横浜市で任意整理を依頼する際に使える業界用語

利息制限法

任意整理は、法的に認められた債務整理の一つの手法です。自己破産など数ある債務整理方法の中でも、任意整理は裁判所に出頭する必要がなく、弁護士を通じ債権者との交渉だけで整理を進める事ができるので債務者の負担が少ない手法と言えます。ただし、任意整理においては債務の圧縮は行われません。借りたお金自体は減額されないのです。
しかし、長年返済を行っている方に関しては、実は返済額が減る可能性はあるのです。かつての日本では利息制限法と出資法という異なる2つの法律でそれぞれ有効利息の設定がされていました。利息制限法において年率20%と制限されているにも関わらず、出資法の条文を照らし年率29,98%まで利息をかけることが公然と行われてきたのです。2010年に法改正が行われ有効利息の上限は年率20%とされました。この間債務契約を結んだ方の中には、現在の法規制と比べ契約利息が高い場合があります。この「過払い金」を取り戻す、もしくは今後の返済に充当することは認められています。こうした整理も同時に行うことで、返済額が減少する可能性はあるのです。

FAQ一覧

お役立ち情報

債務整理で任意整理を選択するメリット 債務整理で任意整理を選ぶメリットにはどのようなことがあるかが書かれています。
自己破産などとは違って裁判を必要としない、財産を維持できるなどのメリットがある一方で、デメリットもあることも紹介しています。
任意整理ができないのはどのような場合ですか? 多重債務で借金の返済が不能な状態になっていて、それなら任意整理をすれば良いと考えている方もいるかもしれませんが、誰でも任意整理ができるわけではないことが書かれています。
借金の返済で悩んでいる方は参考にしてください。
任意整理をしない方が良いのはどんなケース? 任意整理をしない方が良いのはどのようなケースなのかを紹介しています。
任意整理のメリットやデメリットについても詳しく書かれているので、現在借金の返済に苦しんでいて債務整理を考えている人には参考になると思います。
任意整理を弁護士に依頼しないとどうなる? 任意整理を弁護士に依頼した場合と自分で貸金業者などと交渉した場合の違いが分かる内容になっています。
頼れる弁護士事務所の選び方のポイントも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。
任意整理によって影響を受ける具体的なシチュエーションとは? 任意整理をした後の人生にどのような変化が起きるかを、具体的な例を挙げて紹介しています。
生活に支障がでた場合にどのように対処すれば良いかも記載しているので、任意整理を考えている方には参考になると思います。
任意整理はしない方が良いって本当? 任意整理をしない方が良いケースとした方が良いケースを具体的に説明した内容になっています。
任意整理をすることで生じるデメリットについても記載しているので、気になる方は参考にしてください。

PageTop

横浜SIA法律事務所