横浜の過払い返還ならお任せ下さい。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

横浜の過払い返還【ポイントとFAQ】

横浜で過払い返還をお考えの方は、迷わず横浜SIA法律事務所をお選びください。
借金問題で悩み、当事務所を訪れた方の中には、過払い金があることに気づいていなかったという方も少なくありません。
以前に比べ多重債務に苦しむ人数は減っているようですが、まだまだ多額の借金を抱えて、その解決策を見つけられないで困っている方はたくさんいるのが現実です。
過払い金があれば、借金を0にできる可能性もありますし、過払い返還により借金をなくして、現金が戻ってくるケースも数多くあります。
最初から過払い返還目的で、すでに借金を完済済の場合は、基本費用0円でお手伝いさせていただきます。
過払い返還は、ご自身でも行うことは可能ですが、素人が対応しても大抵は貸金業者に有利なように

過払い返還 横浜

話しをまとめられて、本来戻してもらえるはずの過払い金を受け取れないケースがほとんどです。
過払い金には時効がありますので、できるだけ早めの対策をおすすめいたします。
過払い返還の方法が分からなくてお困りの方は、当所までご連絡いただければ、その方法を分かりやすくご説明して、皆様に代わりすぐに手続きを開始させていただきます。
ご相談は無料で対応しておりますので、どうぞお気軽にお電話ください。

01過払い返還とは

過払い返還というのは、消費者金融業者などからお金を借りて発生した過払い金を請求する手続きのことです。
過払い金というのは、借りたお金を返済する際に、法律で定められた上限を超える金利を支払った分のお金のことです。2010年以降は過払い金が発生することがなくなったため、それ以降にお金を借りた人たちには関係のない話です。
業者からお金を借りるときには利息が発生しますが、その上限は法律によって定められています。ただし、利息を制限する法律には「利息制限法」と「出資法」の2つがあって、2010年6月17日以前には、利息制限法と出資法のそれぞれで上限と定めている利息に違いがありました。これが過払い金を生み出した原因です。
利息制限法では上限金利を年15.0%〜20.0%に、出資法では上限金利を年29.2%と、以前はそれぞれ別の上限金利を設定していました。そのため、利息制限法には完全に違反しているのに、出資法では認められているという合法とも違法ともいえない、いわゆるグレーゾーンという金利帯が発生することになりました。
しかし、2006年1月13日に最高裁で「利息制限法を超える金利については、利息の過払いであり債務者は返還請求できる」という判決が下され、グレーゾーンの金利で契約していた借入金は、過払い金として返還請求ができることとなりました。

FAQ一覧

PageTop

横浜SIA法律事務所