横浜の個人再生ならお任せ下さい。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

横浜の個人再生【ポイントとFAQ】

横浜に事務所を置く横浜SIA法律事務所では、個人再生のお手伝いもしております。
もう自己破産しかやり直す手段がないとお考えの方でも、個人再生という手段をとることで、家も残せて商売もそのまま継続できる可能性が出てきます。
自己破産を申立すれば、借金をすべてなくして、0からスタートできる可能性は高くなりますが、家もその他の財産もほとんど全て没収され、前と同じような生活を送ることはできません。
個人再生とは、原則借金を3年で返済し、自己破産と同様に裁判所に申立しなければいけませんが、この手続きをとることで、住宅ローン特別条項を使うことが可能となり、住宅ローンをそのまま返済して、これまでと同じ家に住み続けることができます。
さらに、借金の額を最大10分の1まで軽減させることができます。
この手続きを開始して継続させるには、素人では相当難しく、大概は法律の専門家に頼ることになります。

個人再生 横浜

個人再生について詳しくお聞きになりたい方は、どうぞお気軽に当所までご連絡ください。弁護士に相談するとそれだけで費用が発生すると思っている方も多いと思いますが、無料でご相談に乗らせていただきます。

01個人再生の手続きを行う横浜の弁護士事務所とは?

個人再生とは、合法的な借金の返済手続きである「債務整理」のうちの一つです。
債務整理を弁護士や認定司法書士に依頼すると、債務者へ受任通知が届いた時点で催促や取り立て、請求を停止させることが出来るため、精神的な負担が軽くなります。これが合法的な手続きの利点であると言えるでしょう。
個人再生は、現在の借金を原則3年(場合によっては5年)で返済する額に圧縮する方法で、裁判所への申立てが必要です。民事再生法に基づき、裁判所を介して借金が5分の1から10分の1程度まで大幅に減額できます。
マイホームをお持ちの方は住宅を失わず借金を返済できる「住宅ローン特別条項」が利用でき、住み続けることができる点が個人再生の大きなメリットです。また、手続きにおいて職業の制限がありません。
個人再生は減額された借金を規定内に返済するための収入見込みがあることや、住宅を除く債務総額が5000万以下であることなどの条件があります。
横浜の法律事務所では、債務整理のプロである弁護士があらゆる借金の状況に対応。借金に関する無料相談を受けていますので、返済に関する相談は勿論のこと、マイホームを手放すことなく、借金を完済したい方は個人再生が可能であるか相談されるとよいでしょう。

02個人再生を検討中で弁護士へ相談されるのが初めての方

現在ある借金残額の返済が困難な場合に、財産を処分せずに借金の一部免除と分割返済により借金を解決する債務整理を"個人再生"と言います。
裁判所に申立てを行い、認められると例外を除いては、全ての債務の返済額を5分の1程度に圧縮される手続きです。大幅な減額により原則3年間、特別な事情がある場合は裁判所の許可により最長5年間で分割支払いを行います。
個人再生のメリットは大幅な減額だけでなく、持ち家や車などの財産を没収されることなく借金返済ができる点です。また、借金の理由や経緯を問われることがないことも利点です。仮に借金の理由がギャンブルや浪費といったケースでも不許可になる理由にはなりません。
そして、職業や資格を制限されることなく利用出来ます。そのため、制限職種に該当する職の方が職を失わず借金を返済するために個人再生を利用することも少なくありません。さらに、借金の返済を滞納したために債権者から給与差し押さえがある場合、これを停止することが可能であり、給与も全額支払われます。個人再生手続き開始前に強制執行などがされているケースでも上申すれば強制執行を停止できる点も有利です。
現在の生活基盤を維持した状態で借金を整理し、完済したいと言う人に効果的な債務整理と言えるため、考慮された上で弁護士に相談しましょう。

個人再生を検討中で弁護士へ相談されるのが初めての方

FAQ一覧

PageTop

横浜SIA法律事務所