横浜の自己破産ならお任せ下さい。

横浜SIA法律事務所
無料メール相談はこちら

横浜の自己破産【ポイントとFAQ】

借金の返済ができなくなり自己破産を考えている方は、横浜の横浜SIA法律事務所をご利用ください。
皆様のご事情を丁寧にお聞きして、自己破産以外の方法も法律の専門家が模索して、今後の生活のことをきちんと考えて、最善の方法を導き出します。
自己破産は債務整理の中でも唯一借金を0にできる方法ですが、それを実行することで、ほとんどの財産をなくしてしまう最終手段でもあります。
もちろん自己破産は国民に与えられた立派な権利であり、他に方法がない場合は、再生に向けた一歩を踏み出せる有効な手段でありますが、当所ではまず自己破産をしなくても無理なく借金を返済できる方法を考えます。
これまでもたくさんの方の相談に乗ってきた中で、当事務所に来る前は自己破産を決意していたのに、債務整理なしで人生をやり直せた方は数え切れないほどいます。

自己破産 横浜

弁護士事務所は敷居が高いし、お金がなくて困っているのに、高額な相談料がかかるから利用できないとお考えの方も多いようですが、自己破産以外にも、借金のご相談には無料で対応しておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。
やっぱり弁護士事務所に相談して良かったと思えるよう、全力でサポートさせていただきます。

01自己破産を検討中の方にご紹介したい横浜の弁護士事務所とは?

自己破産とは借金をすべて免責する手続きで裁判者に申立てを行い、借金の返済が不可能と認められると借金の返済義務がなくなります。税金や養育費など、一部の債務は自己破産後も返済義務があるため、確認が必要です。
自己破産は、借金がゼロになることが最大のメリットです。それならば借金をしても自己破産すればいいんじゃないかと安易に考える方がいるかもしれません。自己破産の申立ては誰でも出来るわけではないのです。債務総額が明らかに支払不能な状態であると判断された場合に限ります。3~4年で返済できると判断されれば返済手続きを選択するよう促され、申立ては棄却されてしまいます。さらに、自己破産には様々なデメリットもあるため、十分な検討が必要だと認識しておきましょう。
借金の返済が滞り、自己破産するべきかお悩みの方は専門家に相談されるのが賢明です。自己破産そのものが弁護士を介し、裁判所へ申し立てを行う手続きのため、弁護士探しが必須となります。
借金の債務整理手続きを数多く手掛ける横浜の弁護士事務所をご紹介します。敷居の高い法律事務所とは異なり、依頼者目線で話しやすく、最善の返済手続きを提案してくれます。一人で抱えられず、専門家に相談することで先が見え、精神的な負担が軽くなるでしょう。

02自己破産が初めての方が心配される破産後の生活について

借金の返済目途が立たず自己破産を考えている方の心配は破産後の生活ではないでしょうか。生活に出る影響や制限されることなどについてご説明します。
持ち家やマイカーなどの財産は差し押さえられ、売却されます。原則として99万円以下の現金と時価20万円以下の財産のみ保有が可能です。
自己破産すると信用情報機関へ登録されるため借入が出来なくなります。自己破産から7~10年ほどはローン払いが必要な買い物が出来なくなります。もし、携帯電話料金を滞納されていて免責の対象にされていると携帯電話の契約が解除されてしまうため、新規の契約が必要です。SIMフリーの端末であれば別途SIMを購入して使用することが出来ます。滞納をされていない場合は現在ご使用の携帯を使い続けられます。プロバイダも同様に、滞納し免責の対象とされている場合は契約が解除されますので新規契約の必要があります。
免責されないことについても特筆しておきましょう。
事故などで他人に損害を与えたことで支払っている損害賠償金がある方は、自己破産をしても免責はされません。慰謝料や税金、年金も同様ですので注意が必要です。また、士業に就かれている方、不動産や金融機関の資格をお持ちの方は破産申告から免責許可決定までは仕事が出来ないことを認識して下さい。
自己破産は借金がなくなる大きなメリットがある代わりに、信用面で失うものがあることを理解しておく必要があります。

自己破産が初めての方が心配される破産後の生活について

FAQ一覧

PageTop

横浜SIA法律事務所